ドラマー・穴吹久男のソロリサイタルを聴いて

ジャズドラマーの穴吹久男のリサイタルを聴いてきた(28日、東京・中野ZEROホール)。

穴吹はベテランのジャズドラマーでさまざまなアーチストとの共演、海外レコーディングも手がけてきているミュージシャンなのだが、ある方向性において、全く独自の路線を歩んできた人だ。
それはソロドラム。基本的にはアンサンブルの一つの楽器としてしか登場しないドラムという楽器をソロ演奏で成立させてしまおうという試みにこだわってきたのだ。

その初の試みからかれこれ10数年がたつ。あるきっかけから穴吹の存在を知った私は最初のソロドラムのステージから今日に至るまで、ほとんどの公演を聴き続けてきている。

この間、何度かギターやパーカッションを交えたアンサンブルを主催したこともあったが、ソロのこだわりを保ち続けた信念には敬服せざるをえない。

■ドラム・ソナタ第1番「蘇生」

全3楽章、ソナタ形式による初めての作品。初演は前回、4月のコンサートにて。

さまざまなリズムパターンが交錯し、一定の方向性を示すものの、即興部において、やや停滞気味なのが気になる。客の入りがあまりよくないのが彼のテンションに影響を与えているようだ。明らかにノリが悪い。

初演においては大成功だった作品というだけに(私は聴いていない)、彼としても、自身もどかしさを感じたに違いない。
不完全燃焼のまま3つの楽章を終える。

■ドラム・ソナタ第2番「乱舞」

休憩を挟んで、第2番。これはまだ完成作ではないという。完成しているのは第1楽章のみ。第2楽章もまだスケッチの状態。

彼はこれを敢えて披露した。彼はきょうの客の入りの悪さを逆手にとって、身内に甘えることで、今挑戦していることをぶつける機会としようと気持ちを切り替えたようだった。

人が変わったようなノリで音の進路を切り開いていく穴吹。前半とは表情が全く違う。タイトルが示すごとく、自在な「乱舞」を展開していった。

聴衆も正直だ。体が揺れている、足がリズムを刻んでいる。演じる穴吹には見えまいが、明らかに彼の世界に聴衆を引き込むことに成功している。

1楽章終了。力強い拍手が送られた。

穴吹は続いて、スケッチしかできていない2楽章について、3つのテンポのパターンで、どれだけイメージが変わってくるかについて実演して見せた。始めゆっくりと、次第に速く。テンポの違いによって、明らかに表情が変わっていく。面白い実験を見させてもらった。

■アンコール:即興演奏「竜神」「再会」

いつものように、アンコールは場内から“お題”をもらっての即興演奏。この日、穴吹は自ら描いた絵画の個展を別室で開いていたのだが、絵のタイトル2点がリクエストとして出された。いずれも、後半のノリの余燼は保たれて、即興とは思えない、構成、スピード感ともにしっかりとしていて、締めくくりとして納得のいくものだった。

■全体の感想

穴吹がソナタ形式の作品に取り組み初めて2回目のコンサート。まだまだ手探りの感は否めないものの、着実な一歩前進を実感させた内容だったと思う。

ソロドラムの可能性を10年以上にわたって追求してきた穴吹は、これまで詩に寄り添ったり、ベートーヴェンの「運命」やバッハの「フーガの技法」をモチーフにしたりと、さまざまな試行錯誤を繰り返してきたのだが、ここにきて、この作曲のセオリーであり、王道ともいうべき、ソナタという形式を取り入れた作品づくりは、穴吹のこれまでの歩みの一つの必然の到達点であると思う。

そして、これからがいよいよ、穴吹という(おそらく世界でただ一人であろう)ソロドラムアーチストとしての真価が問われる時なのだろうと思う。

日時: 2004年07月31日 13:25 | パーマリンク