自己表現――エンターテイメントと自己満足の狭間で

ひよこみるくさんの[エントリー]に思うところあり、TBさせていただきます。

自己表現がエンターテイメントになりうるかどうか――これはエンターテイメントのプロ、アマを問わず、この社会に身を置いている以上は、極めて重要なテーマだと思う。

人は一人では生きられない。かつてジャングル生活を生き抜いた小野田さんや横井さんは完璧に一人で生ききった奇跡の例だが、ほとんどの人は、たとえ引きこもりの人であっても、他人との接触ゼロではこの世の中を生きていくことは不可能だ。

となると、どうしても、いかに人と接していくか、ということを好むと好まざるにかかわらず、考え、判断し、行動していかなければならないことになる。

その意味で、私は、生きること自体が自己表現であり、エンターテイメントであるべきだと思うのだ。ブログに文章や写真をアップする、人前でスピーチする、などの明らかに語りかける対象を意識するような場ではない、日常――たとえば、買い物、隣近所とのあいさつ――に至るまで、すべてが自己表現であり、エンターテイメントといえなくもない。ハレとケの考えでいえば、エンターテイメントを要するのはハレの場においてだけではない。ケにおいてもエンターテイメントを心がけるべきだと。

「常にエンターテイメントを演じてたら、素の自分をいつ取り戻すんじゃない!」という声が聞こえてきそうだ。

しかし、そう感じてしまうのは、エンターテイメント=自分ではない自分を演じること――と定義づけられているからではないだろうか。

私のエンターテイメントの定義は違う。エンターテイメント=自分の素=他人を喜ばせること――なのである。

これが自然となるように、努力するのである。そこに意味を見い出していくのである。

これについても誤解を招く可能性があるので、補足しておこう。

エンターテイメント=自分の素=他人を喜ばせること――そんなの単なる他人への迎合じゃないのか、という声も聞こえきそうだ。

しかし、これについても私の考えではそうではないと思う。つまりは、自分は自分、徹して自分を磨く――これは当然のこと。その磨いた末に表に出てくるもの(表情、言葉、文章、歌、等々の自己表現すべて……)が、他人に受け入れられやすいものなのかどうかを意識すること、少しでも他人を喜ばせることになるのだろうか、ということを考えて、自己を磨いていくこと――は決して不可能なことでも、無意味なことでもない。むしろ、自分を輝かせ、他人をも喜ばせる→輝かせるという、一石二鳥、一挙両得の一つの理想的な生き方ではないかと思うのだ。

それでは、かくいう自分がどれだけ、日常生活を自他ともにエンターテイメントできているのか、と問われればかなり心もとない。ブログのエントリーを見渡しても、生来のあまのじゃく的性格から、他人がいかにも喜びそうなものはほとんど並んでないのが実態だ。

しかし…再三の「しかし」で恐縮なのだが…私が言うエンターテイメントは、他人への迎合とも違う。自己表現を磨く、輝かせることに修練し、自他ともに納得できる水準の表現に至ることができたと思うことができ、それを一たびアウトプットしたならば、後は、他人が喜ぶか否かまでは左右できない。当たり前のことだ。

人にはそれぞれ好みというものがあり、興味の対象や角度もすべて違う。従って、発信したからには、自分の自己表現に何らかの引っ掛かりを感じ、ピックアップし、面白い、楽しい、考えさせられる、など、何らかの形で認めてくれる人の出現をひたすら待つほかはない。

自分がここまで自己表現力を高めているのに、だれも関心を示そうとしてくれないと嘆いたところで仕方ない。それは、多くの人が関心を呼ぶ話題を取り上げてないということにすぎないのだから。

私は私的日記を中学2年生のころからつけ始めたので、途中、かなりの中断はあったものの、都合30年近く日記をつけていることになる。この私的日記は、だれの目にも触れることがないという安心感から、まさに書き殴り状態である。だれに理解してもらおう、なんて努力はかけらも感じられない。当然のことだろう。自己満足そのものの世界だ。

しかし、このブログ日記はそういうわけにはいかない。一日に確実に50から60人の人たちが、一瞥をくれるだけの人から最後まで読んでくれる人まで、それはさまざまであろうが、、私の公開日記に目を通してもらうわけだから。

たとえ、内容は薄かったとしても、何かかしらの伝える意味をそこにもたせなければならないと思う。
内容も吟味する、言葉遣いも慎重にならざるをえない、だれかが傷つくような表現は使ってないか、事実関係に間違いはないか――それなりの細心の注意が必要となる。これらがつまりは、エンターテイメントの精神そのものなのであろう。

これが大事なんだと思う。エンターテイメントの語感から来る、面白い、楽しい、という範疇にまで至る(そこは才能によるべしであろう)ことはできなかったとしても、少なくとも読んでくれた人が、「そっか、このことを言いたくて、この文章を書いたんだな」と納得してもらえることが、自己表現としてのエンターテイメントの最低要件であり、十分条件なのだろうと思う。

日時: 2004年08月31日 17:06 | パーマリンク