図書館訪問記(4)

久々に図書館ネタで。

この1週間で何カ所か図書館を訪れたので、まとめて訪問記をアップすることにしましょう。

品川区荏原図書館

東急池上線荏原中延駅下車徒歩5分。

品川区内の図書館としては、五反田に次いで2つ目の訪問となります。

こじんまりしている分、図書やAV資料がきちんと整理して収納されているという印象です。
CDが4000点のほか、ビデオ2500本、DVDも150本と、同区で比べてもAV資料がかなり充実してます。
AV資料は、書架にCDの中身がそのまま入れてあるので、入り口には、盗難防止用ゲートが設けられていました。

インターネットに接続できるパソコンもありました。

新宿区中央図書館

高田馬場駅下車徒歩8分。さかえ通りを抜け、富士大学前を過ぎて少しのところにありました。

ここの特徴は閲覧用デスクが豊富なこと。何席あるかはわかりませんが、ざっと見渡しただけで200席近くはありそうです。しかも「社会人専用」という席も設けられており、そちらの方が若干空いています。ありがたく「社会人専用」席を使わせてもらいました。

とても落ち着くので、フィッツジェラルド、トールキン、グレアム・グリーンなどを持ち込んで2時間ほど読みふけりました。

周りを見回すと、結構眠っている人がいます。同じ区内の四谷図書館は、かなり睡眠対策に手を打っていたのとは対照的。明らかに眠ることを目的とした人も見受けられたりして……。同じ区でも運営方針違うんだぁ、と感心した次第。

民音音楽資料館

JR総武線信濃町駅徒歩5分。外苑東通り沿い、慶応病院の隣にありました。

音楽資料館というだけあって、置いてある資料は、図書、AV資料ともに音楽関連に特化されています。同資料館のHPによると、11万点以上の録音資料、4万点を超す楽譜、3万冊の音楽書を揃えているとのこと。楽譜は団体にのみ貸出が可能とのことで、学校や社会人などのアマオケの人たちからは重宝がられているようです。貸出料は無料。

視聴覚ブースが8つもあり、CDプレーヤーはかなり高級なものを使っていると見ました。ゆったりとした空間で高音質で音楽鑑賞することができるのは、とってもありがたいことです。

ただ注意を要するのは、休館日がやたら多いこと。事前に休館日でないか必ずチェックする必要があります。

このように、図書館は同じ区内でも個性が違っていたりするところがとっても面白く、小さい図書館といえども侮れないなぁと足を運ぶたびに思います。仕事のついでに寄るのが精一杯なので、訪問できる範囲はどうしても限られてしまっていますが、これからも時間の許す限りいろいろな場所の図書館を覗いてみたい、と思っています。

日時: 2004年09月29日 16:09 | パーマリンク