自転車通勤が定着する

■往路(21回目)

6:12~7:42ごろ

走行距離:27.59キロ
走行時間:1時間22分44秒
平均時速:20.0キロ
最高速度:36.7キロ
積算距離:689.6キロ(2004年10月2日~)

■復路(22回目)

21:0~23:30ごろ

走行距離:28.65キロ
走行時間:1時間41分14秒
平均時速:16.9キロ
最高速度:28.9キロ
積算距離:720.3キロ(2004年10月2日~)

今週は完全に自転車通いを通すことができた。楽しい。本当に。

しかし、さすがにきのうから脚にやや来ている。激しい痛みというわけではないが、軽い筋肉痛がももにある。なんといっても、この1週間で300キロ走っているのだから、無理もないだろう。

それにしても、楽しい。クルマとの関係でたまに不快に思うことはあるが、それは一瞬のことに過ぎない。とにかく自転車で走る爽快感がたまらない。

積算距離も690キロに達した。690キロといえば、北は函館、西は広島までの直線距離。積み上げたものとはいえ、すごいことだと思う。

復路は、若干、これまでと違うルート取りをしたことと、風がものすごく強くて、いつもより時間がかかった。2、3度突風であおられて倒れそうになるほどだった。向かい風もきつかったし。ということで、ゆっくりゆっくりこいできた。
そう思うと、気合さえ入れなければ、本当にこれくらいの距離は何の苦にもならないということを痛感する。これほどの悪条件にもかかわらず、脚の負担はゼロに等しかった。おとといからの筋肉痛の原因は、自転車をもって階段を上がったこと。1週間連続の自転車通勤が原因ではなかったことがはっきりした。