積算距離900キロを超える

きょうは寒さ対策として、中にフリースのベストを着用。頭にはヘルメットの下にママに借りた毛糸の帽子をかぶって出発。千川小の前を過ぎて、体が温まってきたので、フリースと帽子を脱ぐ。その後は寒さは感じなかった。

きょうは前回の復路で試してみた千川用水沿い~東京女子大前のコースを走ってみる。なかなかいいのでは。四軒寺コースに比べると、1本道なので、極めてスムーズだ。しかも計測してみると300メートルくらい、女子大コースの方が短いというのだから。これにはちょっと驚きだが。
今後は、こちらが定番になりそうだ。

きょうで、総距離が900キロを超えた。1000キロもそう遠くない。当面の目標は10000キロ。貝畑さんがシベリア横断で走った距離だ。1日50キロ、週3往復できれば150キロ×4=600キロ。ということは、1年以上はかかるということになるのか。貝畑さんって、やっぱりすごいや。

今回で29回目か。一つの山は越したという感じがする。今後は、寒さによって走れなくなってくるものか当たりがポイントとなってくると思う。

夕方、HPで見つけた新宿の自転車屋さん、サイクルメンテナンスに電話をしてみた。飯倉さんという方が社長をしているお店で、サイクルスポーツにその特集なども載っていた。で、さっそく帰りがけ立ち寄ることにした。
6時ごろ、新宿中央公園の近く、いつもの通勤途上にごく近い場所にお店はあった。
飯倉さんにいろいろ説明を受け、これは間違いないと確信し、メンテナンス会員として登録することを決めた。会員証の写真なども撮り、次回から正式スタートということになる。きょうはお金をもっていないため、次回ということにしてもらった。
これまで、なんといっても、自転車に乗っても、いつメカトラブルに遭うかという怖さがつきまとっていた。

■往路(29回目)

6:20~7:50ごろ

走行距離:27.42キロ
走行時間:1時間23分02秒
平均時速:19.8キロ
最高速度:35.7キロ
積算距離:916.3キロ(2004年10月2日~)

■復路(30回目)

走行距離:29.10キロ
走行時間:1時間37分01秒
平均時速:18.0キロ
最高速度:-キロ
積算距離:946.5キロ(2004年10月2日~)

備考:サイクルメンテナンス(西新宿)に立ち寄り

パンク対策を講じる

自転車通勤も板についてきたといえようが、メンテナンスもしっかりと考えなければならない。一番怖いのはパンクだ。パンク対策はしっかり講じておかないと。いざという時、大変なことになってしまう。そうだな、とりあえずチューブだけ買っておこうか。あとは、空気入れもあるので、応急はなんとかなる。あした、メンテを兼ねて練習してみようか。

復路で、初めて東京女子大前~千川用水沿いコースを走ってみた。こちらの方が断然走りやすい。
ただ、帰りが夜遅くなったため、あまりの寒さに凍えそうになった。これはつらかった。

やはりというか、不思議にというか、例の事件について、振り返る機会が減ってきている。不思議なものだ。人間は。喉元を過ぎればではないが、あれほどに責め苦 に苦しんだ時間も、それを通過してしまえば、時とともに平準化されていく。こうやって、どんどん自分の中に、海馬に沈められた記憶として定着していくので あろう。
これで終わったという解放感のようでもあり、もう終わってしまったという喪失感のようなものでもあり。全くわからないものだ。
しかし、いずれにしても、あれ以来、自分は変わった。進化した。これだけは間違いない。進化はもう後戻りはしない。経験した分だけ、前進している。
それは自分に限らず、友達らも皆そうだ。ただ、自分の場合、かなり劇的であったというに過ぎない。短期間のうちに自分の中に大きな変化をもたらしてくれたわけだ。

■往路(27回目)

6:17~7:48ごろ

走行距離:27.41キロ
走行時間:1時間27分03秒
平均時速:18.9キロ
最高速度:37.2キロ
積算距離:861.6キロ(2004年10月2日~)

■復路(28回目)

走行距離:27.10キロ
走行時間:1時間26分26秒
平均時速:18.8キロ
最高速度:31.2キロ
積算距離:888.8キロ(2004年10月2日~)