一方通行の逆走に、気をつけろ

気をつけろシリーズ、第3弾です。

今回は風に煽られたとか、道を間違ったとか、そういうレベルの話ではない。自転車に限らず、交通機関の宿命ともいえる”事故”に絡む問題だ。

というのも、きょうの朝、会社へ向かう道で、自動車と接触する事故に遭いそうになったのだ。

状況は以下のような形だ。

私は(自動車にとって)一方通行の道を逆走する形で走っている。交差点に差し掛かると、左からミニバンが徐行で顔をのぞかせている。優先道路はこちらなので、ミニバンはこちらの存在も認識しており、一時停止する、はず、と思い、ミニバンの前を突っ切っろうとした。

その直前、前方から違う乗用車がこちらに向かってきた。私の計算では、左のミニバンの前を横切るとほぼ同時に前方から来る乗用車とすれ違うはずだった。

しかし、なんと、左からのミニバンがスルスルと前進し、私の方へ向かってくるではないか。

「まじ、やばい! ぶつかる」

幸い、前方からの乗用車がほぼストップの状態だった。私は思わずハンドルを右にきって、ミニバンとの接触をかろうじてかわすことができた。ミニバンが停止したのは私とすれ違った直後である。

「セーフ……」

心の中で、安堵のため息をついた。

ミニバンとはいえ、接触していたら、確実に落車、転倒は免れなかっただろう。

自転車通勤を始めて8カ月になるが、事故すれすれの状況となったのは、今回が3回目。そのすべてが一方通行の逆走のシチュエーションで発生している。

つまりはこういうことだ。

一方通行においては、基本的に車両は一通の方向にしか走行しない、という通念がある。ゆえに、一通の道に進入するクルマは、順方向に走行するクルマには注意を払っても、逆方向を走る自転車に気が向くことは、まずない。
だから、順方向のクルマが途切れれば、逆方向をほぼ、確認することなく、進入車両は発車する、のだ。

これは自分自身そうだし、歩行者においても行動パターンは同じである。注意するのは順方向のみ。

ということで、きょうの教訓。

一方通行を逆走する場合、交差点に進入してくる車両(もしくは横断しようとする歩行者)は、こちらのことにはまるきり絶対、気がついていない、という認識のもと対処をすべし

ということである。

これは大事だと痛感。二度と同じ過ちを繰り返さないために、ブログに記させてもらった。

fugue (2005年5月17日 20:11) | 個別ページ

海岸線の迷走に、気をつけろ

きょうは仕事の用で大田区の大森まで自転車で行ってみた。

新宿区の職場からは約13キロと通勤の半分程度なので楽勝かとたかをくくっていたが、やはり初めての道。そうすんなりは行かせてくれないものだ。

東 京タワーの脇を抜け、三田から第一京浜に入り南下するつもりだった。頭の中に入れた地図通りと思っていたが、いつの間にか、違う道を走っていることに気づ く。「旧海岸通り」とある。雰囲気的には第一京浜と平行している道だろうとは思ってみるものの、さすがに不安になった。地図はもっていない。出る前に大ま かに確認しただけ。PCでネットにつなげば確認できるが、約束の時間が迫っているので、そんなゆとりもなかった。

勘だけを頼りに「旧海岸通り」を南下する。平和島を示す標識が出てきたが、平和島を目指していいのかは検討がつかない。しかし、第一京浜の方へ戻るすべも見当たらないので、そのまま突き進む。

しばらく行き、大井競馬場を過ぎた辺りで、確実に羽田空港方面に向かうであろう雰囲気が漂ってくる。
「これはやばい、なんとか大森方面を目指さなければ、空港に行ってしまう……」

焦りを募らせていると、「あった!」。右方向に「大森」の文字。思わず、「助かったぁ」と安堵。そして仕事先に10分程度遅れさせてもらう趣旨の電話を入れる。

仕事先には、ジャスト10分の遅れで到着。予定通り、第一京浜を走っていたら、約束の時間ほぼぴったりに着いていたはずだ。

この前の川原の逆風に続き、きょうも一つの教訓を得た。

『ちょっとした道の誤りが大きな誤差を生み、とんでもないところへ連れていかれてしまう海岸線の道に気をつけろ』

※メッセンジャーのお兄さん方が無線をもっているのは、道を確認するためなんだということを改めて認識した次第(実際のところは知らないが)。自転車にナビは付けられないからな、さすがに。

11日の記録。

<往路>

走行距離:26.93キロ
走行時間:1時間19分01秒
平均速度:20.4キロ
走行積算:2492.1キロ(2004年10月2日~)

<復路>

新宿~海岸通り~大森~環七~井の頭通り

走行距離:48.78キロ
走行時間:2時間38分57秒
平均速度:18.4キロ
走行積算:2540.9キロ(2004年10月2日~)

fugue (2005年5月11日 20:12) | 個別ページ

小径車の効用について

前エントリーで書いたように、私の愛車はタイヤサイズが20インチしかない、いわゆる小径車であり、なおかつ、折り畳みができるタイプである。

私の愛車の住処(すみか)は同じ愛車(自動車)の中である。本当は家の中(部屋の中)に置いておきたいのだが、狭い住宅事情ゆえ、そういうわけにもいかない。かといって、マンションであるからして、家の外にも置く場所がない。
で、車の中、ということになっているわけだ。

実 は私はかつて10年くらい前はロードといわれるタイプの自転車に乗っていた。当時は今の住居に引っ越す前で、私専用の部屋が与えられていた。だから自転車 様を部屋に迎え入れることができていた。しかし、今の場所に移った時、子どもに部屋を奪われた。それは自転車の置き場も失うことを意味した。

というわけで、ロードタイプの自転車は手放さざるをえず、今の折り畳みタイプに移行せざるをえなかったという悲しい事情がある。

しかし、折り畳みを馬鹿にしてはいけない。乗って初めてわかったのだが、これほど実用的な自転車はないということを実感した。
ここに小径折り畳み自転車の効用を書き出してみた。

①スペースを取らない
②軽い
③スピードが出る
④ハンドル操作がクイック
⑤いざとなったら、持ち運び可
⑥長持ちする(室内に保管する場合)

などなどである。
私の自動車はホンダのフィットだが、トランクルームの半分以下の容積しかとらないので、常時積んでいても、ほとんど邪魔と感じることはない。

家にも車にも空間的制約を強いられる日本にはうってつけの自転車の形といえるかもしれない(ということを認め、素直に順応してしまうことはある意味物悲しいのだが……)。

私 が今の愛車、Bianki Mirano CDを購入したのは2000年12月なので、5年半のつきあいになる。雨風にさらしていないので、車体はほとんどピカピカ。あと5年は乗れると思う。これ も折り畳みでスペースをとらなくて済んできた、大きな効用のおかげなのである。

10日の走行記録。

<往路>

走行距離:26.97キロ
走行時間:1時間13分53秒
平均速度:21.8キロ
走行積算:2438.3キロ(2004年10月2日~)

<復路>

走行距離:26.91キロ
走行時間:1時間25分45秒
平均速度:18.8キロ
走行積算:2465.2キロ(2004年10月2日~)

fugue (2005年5月10日 20:14) | 個別ページ