TB:Musical Baton

peridottoさんからMusical Batonをいただきました。

さてと取り掛かったところ、既にブログで触れた焼き直しばかり。いかに自分の音楽的傾向が極めて狭い一点に集中しているか、を改めて痛感した次第です。

(1)コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

約40GB

(2)今聞いている曲

ジョン・ルイス プレイズ J.S.バッハ:「平均律クラヴィーア曲集第1巻 第3番フーガ」
数年前までは、グールドの平均律にはまりこんでいたが、最近は、ジョン・ルイスの平均律にはまりきっている。

(3)最後に買ったCD

キース・ジャレット:『ソロ・コンサート』(1973年)
『ケルン・コンサート』を聴いて以来、いつかは聴いてみたいと思っていたアルバムを最近、オークションにてようやく入手。

(4)よく聞く、または特別な思い入れのある5曲 (アルバム)

ザ・タイガース:「美しき愛の掟」(1969年)
小学校2年生の時に初めて買ったレコード。確か当時は400円くらいだった記憶が……。

キース・ジャレット:『ケルン・コンサート』(1975年)
大学時代、ジャズに詳しかった先輩に教えてもらって以来、20数年、ことあるごとに聴き続けてきたアルバム。

桑名正博:『テキーラ・ムーン』(1978年)
あの頃の桑名は、すごかった。間違いなく桑名の頂点をなす傑作。

高中正義:『BRASILIAN SKIES』(1978年)
高中もさまざまなメジャーな作品があるが、アルバムとしての完成度は、なんといってもコレを置いてない。

是方博邦:『KOBE KOREKATA』(1983年)
是方のデビューアルバム。「思い出深い曲達ばかりで、今聞いてもすごく雰囲気のあるアルバムですね。この雰囲気は今では出せないですねー」(是方博邦公式サイトより)との本人の弁は、私の思いそのまま。

(5)バトンを渡す5人

さぼっている間にしっかりと皆さん渡されてました。渡せる人がいません……。

日時: 2005年06月30日 17:21 | パーマリンク