巨赤芽球性貧血か

fugue (2005年7月19日 15:55) | 個別ページ
朝から病院へ。妻と。
検査の結果が出るので、妻もつきそうとのことで一緒に行った。最寄り駅からタクシーに。スポンサーが付くとさすがに待遇が違う。

予約機に診察券を入れ、予約票を受け取り、順番を待つ。9番へとのコール。初診の時の流れとやや違うので、ちょっと戸惑う。
やや奥の診察室。H先生より7月11日の採血の結果を説明していただく。

<7月11日の結果>
白血球:1,960(標準:3,300~9,000)
ヘモグロビン:10.2(標準:13.5~17.5)
血小板:50,000(標準:140,000~340,000)

一つの可能性としては、一つひとつの赤血球が大きいことから来る巨赤芽球性貧血ではないか、ということ。これは一般にいわれる鉄分の欠乏からくるも のではないらしい。ビタミンB12が不足しているので、その可能性が高いと。実際に、赤血球の大きさを示すMVHという値がHighを示していた。

結論として、もう少し原因を調べてみようということで、骨髄検査(マルク)と内視鏡検査をすることになった。8月1日に。

もう一度、血の検査をしておきましょうということで、採血をして、会計を済ませ、病院を出る。

<7月19日の結果>
白血球:1,850(標準:3,300~9,000)前回比 -110
ヘモグロビン:9.6(標準:13.5~17.5)前回比 -0.6
血小板:43,000(標準:140,000~340,000)前回比 -7,000

病院近くの喫茶店に入る。病院の界隈は学生時代、よく歩いた街。この喫茶店にも頻繁に出入りしたものだ。この店の売り物は、350円でロールパン、 サラダ、プリン、コーヒーのモーニングセット。25年前は280円だった気がするが、350円でも十分安い。コーヒーを飲みながら、妻と今後の方針などに ついて話し合う。

喫茶店を出て、一度病院に戻り、予約の確認をしてから、地下鉄の駅へ。今度こそ間違わなかったが、実はすぐ近くだった。