明日では、決していけないエントリー

きのう病院を抜け出して、妻とランチ&花見に出かけた。出かけたとはいえ、レストランは病院の門から歩いて50メートル足らず。花見は病院の構内と極めてお手軽なものではあったが。

というのも、やはり体力的にきついからだ。

病棟から門までのおよそ100メートル(こちらの方が距離がある)を歩くだけで、息はあがって、ぜー、ぜー、苦しい。

やっとの思いでレストランに着いたが、階段が立ちはだかる。真鋳の手すりに綱引きのように両手でつかまり、一歩一歩、気合を入れながら登る(この場合、この登るがふさわしい)。

席に着いた時は、ほとんど息も絶え絶えであった。

今回の入院は肺炎ということもあり、やはり肺に負担がかかるのだろう。しかし、それよりも根本的に絶対的な体力が失われている。これはいかんともしがたい課題だ。

体力の回復は、去年の退院以来、何度も挑戦しようとしながら、一度も果たせなかった課題。
調子がよくなってきたから、リハビリに頑張ろう、と思うと必ず、何らかのトラブルに見舞われる。

「いつになったら、体力を戻せるんだろう……」と、席に着いた私は、うつろな目でレストランのシャンデリアの灯かりをぼんやり眺めていた。

すると妻は、意外にも私のブログの内容について、こと細かく論評を始めた。

パソコンに興味を示してこなかった妻は、私のブログの存在を知ってはいても、じっくりと読んでいるとは思わなかった。ところが、予想に反して深く読み込まれていることを知り、私は少々うろたえた。

どうやら、最近は娘の手ほどきを受け、ウェブサイトを見て回るくらいの技術は身につけてきているらしい。

私のブログについて、「私の知らない事実がある」などと、厳しい指摘もあった。しかし総体的には、私が長い闘病生活にもかかわらず、精神のバランスを崩さず、またストレスのはけ口にもなっているブログの存在をどうやら認めてくれているようだった。

これはうれしかった。実はストップをかけられることを内心、恐れていたからだ。

しかもである。

退院したら、新しいノートPCを買ってもいい、という。

思わず耳を疑った。

確かに私が今、常時使用しているノートPCは購入してから既に4年が経とうとしている、かなりのオンボロである。機能、性能ともに明らかに時代遅れの一品だ。

そんなノートPCを、入院する前、娘、妻と私の3人が奪い合う光景は日常茶飯だった。
結果的に力の強い娘にPCを奪われ、寂しそうにテレビに見入る私のことを、妻はひそかに気の毒に思っていたのかもしれない。

買っていいという。

ありがたい。

本当にありがたい。

最初の退院から1年。闘病が始まってから1年半、妻は本当に献身的に私のことを支えてきてくれている。
どうしてこんな病気になってしまったのか、涙することもあったに違いない。気持ち的に追い込まれるようなこともあったに違いない。それでも妻は、常に前向きな希望を失うことはなかった。だからこそ、ふらつきながらも、あきらめることなく、何とかここまで歩んでこれたのだと思う。

風に舞う桜の花びらの中を二人歩きながら、私は心の中で、妻に深く感謝していた。

ありがとう。

本当にありがとう。

これから先も、まだまだ先は長いが、どうかよろしくお願いします、と。

妻に深く感謝をしつつ、同時に私の頭の中は、ノートパソコンはどの機種にすべきか、既にぐるぐると回転を始めていた。
日時: 2007年03月31日 14:46 | パーマリンク