がんサバイバープログラム(10)チューブトレーニングを実践

fugue (2007年5月31日 13:29) | 個別ページ
がんサバイバープログラム(10)チューブトレーニングを実践

外に出て歩かなければならないウォーキングは、天候などにも左右されるため、なかなか実践に移すことができない。
そこで室内でも気軽にできそうなチューブトレーニングから実践してみることにした。

チューブは入手できている。チューブは5タイプあり、私が持っているのは、緑色でもっともチューブの弾力が弱いタイプ。

プログラムによると、最初はチューブを長く持ち、緩い張力でやってみることを勧めている。

さっそく、太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えるメニューから。

まず、椅子に腰掛け、足の裏にチューブをひっかける。

腕を動かさないように固定し、6~8秒かけて、「膝を伸ばす、曲げる」を繰り返す。

実際にやってみた。

そのままの長さでやってみると、あまりに張力が弱く、運動になりそうにないので、両手とも、チューブを一巻きずつさせて、チューブの張力をアップ。

これで、5往復を試してみる。

なかなかいい感じである。

太もも、足裏、つま先に適度な力が加わる感じがある。

また、腕で固定しているため、腕にも適度な負荷がかかってくる。

終了して20分ほど経ったが、脚全体がややほてった感じが残り、運動したという心地よさを感じることができる。

これはいいかもしれない。

きょうは初日なので、これでやめておくが、継続していけば、それなりの筋力アップ、体力回復につながるかもしれないと実感できる。

週3日にしましょうということなので、基本的に1日おきを目標に、これからえもチューブトレーニング、取り組んでいくことにしよう。