いかにも怪しい光景

fugue (2007年12月22日 15:39) | 個別ページ
臍帯血移植758日目。

娘がコンサートへ行くというので、帰りがけ待ち合わせて、国立駅まで車で送っていった。
私は、帽子にマスク姿でコンビニの駐車場で待ち、制服姿の女子中学生を乗り込ませ、お金を渡し、走り去る。
どこから見ても怪しい光景と二人で笑った。

家に帰って年賀状を印刷。

インクが足りなくなってきたので、スーパーへ買い出しに。
789円×0.95=749円
と最安に。
ちなみにジッドは780円。
各色を1個ずつ購入。

BK9がなかったので、ジッドで2個注文。

娘を送って、きのうときょう続けてスーパーへ行くことができた。
体調がいい証拠だ。

小林に電話。職場を辞めて、アルバイトをしながら、行政書士試験の勉強をしてきたようだ。合格発表は1月28日だそうだ。
合格していてほしいものだ。祈っていこう。
小林も折伏したい。いつか。
自転車を買ったが一度も乗っていないらしい。
南大沢なので、気軽に行ける距離。
暖かくなったら、一緒に乗りに行こうと思う。

伊藤から電話。年賀状をくれるという。
ありがたいことだ。
諸隈の1周忌で集まった話などを聞いた。

思い出トランプ

fugue (2007年12月20日 00:08) | 個別ページ
先日、娘と久々にトランプをした。

私と娘がするトランプのゲームはポーカーと昔から決まっている。

始めたのは、娘がまだ小学校3年生ごろだろうか。

ポーカーはギャンブル性の高いゲームという印象が強いが、こんなにも簡単で、スリルがあるゲームは他に見当たらない。

ということで、折あるごとに娘とはポーカーに興じてきた。

いつものパターンとしては、勝率は私が上、しかし、大きな手を出すのは決まって娘。

最終的な勝敗は、相手より高い手を出した方の勝利と決めているので、ほとんどは娘の勝利で終わる。

今回もフラッシュを出した娘の勝利だった。

ゲームをしながら、まだ娘がポーカーを始めたばかりのころ、確かロイヤルストレートフラッシュを出したことを思い出し、聞いてみた。さすがに覚えていないという。
いや、あったはず……ビグナーズラックというべきか、無心の娘が出した札を見て仰天し、興奮した、という記憶が確かにある。

そうだ、写真に撮ってあったはずと過去の写真を調べてみた。

あった! しかし、残念ながらロイヤルストレートフラッシュは記憶違いだった。
それでも、ロイヤルストレート(という役はないが……)。
私もいまだに出したことがない見事な手だった。

写真は、娘が出したロイヤルストレート。

足指、腫れひどくなり急きょ病院へ

fugue (2007年12月18日 15:36) | 個別ページ
臍帯血移植754日目。

足の腫れがひどくなったので、病院に電話し、急きょ、診てもらうことに。

12時出発、12時50分到着。

いい流れで行けたと思う。

採尿、採血も済ませ、T先生に診ていただく。
イソジンで消毒。抗生剤を出していただいた。

これで一安心。