娘とインド・カレー店へ

fugue (2008年12月14日 17:27) | 個別ページ
先週末、娘と2人で、近くのインド・カレー店へお昼を食べに行きました。

これまではいつも妻とだったので、娘とは初めてです。

二人とも定番のチキンカレーを注文。
5段階ある辛さの選択は、娘が1、私は迷わず2を選びました。
前回のブログに書いたように、ここのところ、辛さに対する耐性がついてきた私としては、どうしても試したいわけです。

娘は「大丈夫? ほんとうに大丈夫? 途中でおかしくなっても知らないよ」と不安げです。

しかし、私には確信がありました。絶対大丈夫だという。

結果は、全く大丈夫だったと言っていいと思います。もちろん辛くは感じたことは事実です。涙目になり、水を頻繁に口に運んだことも否定できません。でも、私は勝ったのです。この辛さ2を完全征服したのです。もし、目の前に娘がいなければ、私はうぉぉ!と天を仰ぎ、雄たけびを上げてしまったかもしれません。娘がいる、という自制心が、店内での雄たけびの実行をぎりぎり思いとどまらせてくれました。もし一人であれば……抑えられなかったに違いありません(この箇所はジョークとお受け取りください)。
すると涙目は、もしかしたら、辛さによるものではなく、うれしさから来るものだったのかもしれません。

さて、カレー店における私と娘との会話の中で、一つの発見があったので、その報告をここでさせていただきましょう。

吉田戦車「伝染るんです。」に関する発見です。

難しい苗字の話題から、ひょんなことに齋藤さんの齋の字の気持ちよいほどの複雑さについて語っていたことろ、突然、娘が「齋藤さんの齋の字って、カブトムシに似てない?」と言うのです。
私は、思わず齋の字を思い浮かべたとろこ、確かにそうでした。脚、羽、角に至るまで、見事にその形を構成しているのです。一度そう思うと、この字を見るたびにカブトムシのことを想像してしまうのです。
そして、娘はさらにこんなことを言いました。
「ということは、『伝染るんです。』のカブトムシのさいとうさんの由来はここから来てるんじゃないかな」
私は思わず、「おお!」と声を挙げてしまいました。
「そうだよ、そうだよ! 吉田戦車は齋の字がカブトムシに似ているから、齋が付く一般的な名前のさいとうさんにしたんだよ、きっと」と希代の発見のように喜んだのでした。

さっそく家に戻り、『伝染るんです。』第1巻をひもといてみると、カブトムシのさいとうさんの漢字表記は、「斎藤」とありました。

ちなみにウィキペディアで調べてみたところ、モデルは柔道家の斉藤仁さんということでした。

しかし、私たち親子は、あくまで「齋=カブトムシの形」説をとっていこうと思うのです。