人生初の電子辞書を購入

fugue
(2009年8月25日 16:32) | 個別ページ
先日、ほぼ衝動買いで、電子辞書を購入してしまった。

電子辞書はこれまで全く縁がなく、不必要なものと無視してきたのだけれど、その認識が変わった。

なぜ変わったというと、娘の誕生日に電子辞書をプレゼントしたことがきっかけだった。

学生向け、つまり受験対策に特化したキヤノン製。ビックカメラの店員さんの勧められるままに5分で購入したものだ。

これがなかなかいい。

ネットの登場以来、特に辞書を引く機会が減っている。ほとんど皆無といっていい。

日本語はわかった気でいても、英語はそういうわけにはいかない。

英語のニュースサイトを眺めても、分からない単語だらけ。

「分からなくてもいいから、とにかく読め」は昔からよく言われる長文の英語に慣れる第一歩だけれど、一つ分からない単語があると、その後も連鎖的に分からなくなり、段々読む気を失っていく。

そして結果的に最後まで読み通さないまま、投げ出すのが常だった。

ここを何とかしない限り、前は進めないと思っていた矢先の、電子辞書との出会いとなった。

娘の辞書を借りて、英文を読み進めてみる。

単語の意味合いが何となくつかめるだけでも、長文全体の理解度がだいぶ違ってくることがわかる。

当たり前のことだけれど、やっとそのことに気がついたというわけ。

ということで、さっそく自分専用の物を購入。SIIの英語モデルというものだ。

パソコンから英文を取り込むことができるので、辞書でテキストを開き、分からない単語をダイレクトに調べることができる。

覚えたい単語であれば、単語帳に登録。

しかもMP3プレーヤーの機能もあるので、テキストと読み上げ音声ファイルがあれば、リーディングの練習も可能。

素晴らしい。

あまりの素晴らしさに、電子機器に関しては、ここ数年にない感動を味わっている。

電車通勤においても、ぺろっと開いて、英文をチェック。

周囲にもDS等に興じている人たちがいるので、特に恥ずかしい感じはない。

先週、職場の後輩に、この電子辞書の有能さを熱く30分以上にわたって語ったところ、「セイコーの回し者ですか?」と言われた。

全くその通りかもしれない。

それほどに、今、自分を元気にしてくれるのは、電子辞書という存在だ。

相変わらず、時流に乗らない人間であることを再確認した次第。

B型気質は、A型に変わった今も健在のようだ。

闘病から日常へ衣替え

fugue (2009年8月 6日 16:03) | 個別ページ | コメント(6)
諸事情あり、昨年から今年にかけての病気に関する記述を非公開としています。

以前から何度も考えてきたことですが、このブログを始めた理由は、同じ病気(MDSや同様の血液疾患)と闘う同志の皆さんと情報を共有したり、励まし合えることができたら、という思いからでした。

移植から3年半が過ぎ、再発の恐れも今のところなく、あと残すところ1年半で、完治宣言ができるところまで何とか来ることができました。

その意味で、このブログも、闘病から、日常について語っていく時期が来たのかなぁという気がします。

私の、気まぐれでくるくる変わる趣味のことをつらつらと書き連ねたところで、それが面白い読み物になるとは到底思えないのですが、趣味に一致した人にとっては、それなりに興味をひくことが少しでも書いていけるといいかなと思っています。

私の趣味は、いくつかあるのですが、主なものを挙げると、音楽(リスンオンリー)、美術(ウォッチオンリー)、読書、自転車、英語、パソコンの6つに絞られようかなと思います。

この6つが周期的に巡っては去り、巡っては去るというらせん状循環的につながっていきます。

同時に複数熱中することはまずなく、一つ、区切りをつけてから、次へ移るというのが私のパターンです。

現在は何の趣味の時期なのかと言いますと、これまでも何度か書きましたが、英語です。

英語に目覚めたのは、1998年ですから、11年前。

高校生の英語スピーチコンテストを見た私は、改めて英語に取り組んでみようと思ったのがきっかけです。

英語に関する過去と現在の取り組みについては、また後日、述べることにしましょう。
コメント(6)
ふぁびゅらす (2009年8月 7日 08:04)
暑い毎日ですね。体調崩されてませんか?
私はエアコン部屋から出られません。
以前教えていただいた英語のニュースサイト、聞いてます!
一度ではなかなか聞き取れないので、英文を参考にしたり、何度も聞きなおしてみたり。良いサイトを教えていただきました、有難うございます。次回の記事、楽しみです(^^)
fugue (2009年8月 7日 16:14)
ふぁびゅらすさん、いつもコメントをありがとうございます。おかげさまで順調です。今月は夏休みももらえるので、欠勤ゼロを達成できそうです。
NPR、聞いていただいているとはうれしいです。このサイト、気づかれたと思うんですが、最近、リニューアルしまして、さらにパワーアップしました。回し者ではないんですが、本当にありがたいサイトだと思います。
とりわけ、このサイト(ラジオ局)に共感を覚えるのは、大企業のスポンサーによって支えられているのではなく、むしろ個人の寄付が中心であることです。寄付をした企業の名前は出しますが、いわゆる宣伝は皆無です。
ABCやCNNなどもいろいろ見て回るのですが、やはり最後に行きつき、落ち着きを感じられるのはNPR。長く存続していってほしいラジオ局です。
ネイト (2009年8月 7日 19:10)
お久しぶりです。
最近更新があまりないので、どうされているかなーって気になってました。
お仕事忙しくされているんですねー。
でも無理はしないでくださいね。
英語が趣味の一つって・・・すごいですね。
他のも・・・高尚な感じ・・・。
音楽も確かクラシックとかでしたよね。
ウチはなにがあるかなぁ・・・。
ハムスターとギターと子育て(←シュミ?)・・・かな?
うーん、絵でも勉強しようかなぁ(●´▽`●)ノ
fugue (2009年8月 7日 23:07)
ネイトさん、コメントをありがとうございます。
どうもご無沙汰してます。ネイトさん、すごいですね、ほぼ正常値の血液の数値になられたんですね。本当に素晴らしい! このまま、完治への道を突き進まれること、お祈りします。
6月でしたか、テレビでNBAのプレーオフに結構はまりまして、レイカーズのコービー・ブライアントのプレーにはほれぼれしました。バスケットは時々、こういう形でしか見ないんですが、見出すとはまるスポーツだなぁということを実感しました。
リアルタイムじゃないけど、奇跡のブザービートも見れて……。感動でした。
ハムスター、かわいいですね。「ネオ」に「ラル」……さすがネイトさんですね。完全に脱帽です(笑)。
Ryoji (2009年8月14日 19:58)
「闘病から日常へ衣替え」 良い響きです。
まずはおめでとうございます。
一緒に闘病生活を凄し、励まし、楽しく過ごせたこと、感謝しています。
しかし、僕は相変わらず再発を繰り返し、2003年発病だからズルズルしていますな(苦笑)
えいご、日本語もままらない私は無理だな
音楽、美術、自転車は同じ、パソコンはバツ、写真そして仕事が趣味なか。
これからも楽しみに覗かせていただきます。よろしく!

fugue (2009年8月15日 11:50)
Ryojiさん、お久しぶりです。
私も、Ryojiさんと同様、感謝の思いでいっぱいです。
今も、あのラウンジでの何気ない皆さんとのやりとりを思い出しては、頑張ろうと思う日々です。
Ryojiさん、本当にすごいと思います。
だれにも真似のできないことをされているなぁといつも尊敬の眼差しです。
さて、趣味についてですが、Ryojiさんの写真は、何か物語りを語り出してくれるように感じます。素晴らしい写真ばかりでいつも感嘆です。
私は学生時代に写真サークルにいたにもかかわらず、趣味の範疇に入らないほど、下手です。本当に下手で、悲しくなります(笑)。なので、最近はほとんど撮っていません。
写真もウォッチオンリーが私には分相応のようです。
またRyojiさんの写真、楽しみにさせていただきます。