自転車で生活道路を走るための5つの鉄則(ジテツウ経験から)

ジテツウ(自転車通勤)の人が増えています。

通勤ラッシュのストレスフリーで、なおかつ運動になり、健康に寄与。

いうことなしの最高の通勤手段と言っていいでしょう。

こんなサイトもできてました。

TOKYOツーキニスト

皆さん、それぞれの工夫で事故が起こらないように注意しながら走っていると思いますが、朝のせわしない時間帯のジテツウは、安全確認がおろそかになりがちです。

私も病気になる直前までジテツウしていましたが、当時は折り畳み自転車だったこともあり、ルートは幹線道路を極力避け、いわゆる生活道路と言われる裏道を走っていました。

自転車通勤が定着する(2005年のブログ)

生活道路はクルマが少ない半面、幹線道路とは全く違った注意が必要です。

その注意点を私なりの鉄則として、挙げてみました。

(1)信号は絶対に守る

これは生活道路であろうがなかろうが、鉄則中の鉄則でしょう。
とりわけ、生活道路の信号はクルマの通行量が少ないからと無視する人が多いようですが、とんでもないことです。
信号無視は自殺行為以外の何物でもありません。
自分、もしくは他人を傷つけてから後悔しても取り返しがつきません。

(2)時速20km以上は出さない

生活道路と一口に言っても、さまざまありますが、基本的には歩道もなく、クルマ通りが少ないため、歩行者は安心して、やや気をゆるませて車道を歩いています。
そこを猛スピードで駆け抜けたらどうでしょう。
歩行者をはねる恐れもありますし、急に交差点に入ってきた自転車をよけきれません。
歩行者は怖い思いをし、ジテツウ者を悪者だと思うに違いありません。

(3)道路の中央寄りのやや左を走る

歩道の着いた道路では、自転車は車道の左端ということになりますが、歩道のない生活道路の場合、あまりにも左端を走ると、極めて危険です。
なぜなら生活道路の両側には民家や商店が並んでいるので、そこから道路に急に出てくる人と接触する恐れがあるからです。
中央寄りを走ることで、急な飛び出しにもとっさに対応できます。

(4)一方通行を逆走する場合、左側から道路に出てくるクルマに注意

基本的に一方通行の道路は「自転車を除く」という標識がほとんどであるため、一通の逆走は自転車は問題ないわけですが、注意しなければならないことは、左側から道路に入ろうとするクルマは基本的に自転車の進行方向にしか注意を払いません。
まさか逆走する車両などないだろうという意識があるからです。
ゆえに、こちらに気づいているはずだという判断でクルマの前を通りすぎようとする瞬間にクルマが道路に入ってくるという可能性は大いにあります。
道路に左側から進入しようとするクルマがいた場合は一時停止が懸命です。
私はこれで一度、すんでのところで事故を起こしそうになりました。

<自転車>一方通行の逆走に、気をつけろ(2005年のブログ)

(5)一方通行を逆走する場合、昼夜問わず、ライトを点灯

クルマは一方通行の道は左に寄らず、道路の右側に寄せて走る場合があります。
すると、自転車は左端を走っても、正面衝突する恐れが出てきます。
対向して向かってくるクルマがいち早くこちらを認知できるように、昼夜問わず、ライトを点灯する必要があります。
とりわけ、夜間は2灯以上のライトがほしいところです。
とにかく目立たなければなりません。

以上です。

これらを参考に生活道路を注意し、安全第一で走っていただきたいものです。

生活道路の適当な画像の手持ちがないので、自活研の小林氏、疋田氏の最強タッグによる「自転車はここを走る!」の表紙を掲げます。これは必読ですぞ。ちなみに648円+税と、とても買いやすい値段です。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

しつこいようですが、My自転車5原則を当面の間、掲げさせていただきます。この5原則が当たり前になり、掲げる必要のない日が来ることを祈って…。