警察、国交省による「ガイドライン」が自転車革命の起点となることを期待

警察庁と国交省が共同で進めてきた自転車利用環境の向上を目指すガイドラインがきょう29日、発表されました。

「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」について(国土交通省HP)

これは昨年来、論議が重ねられてきた「安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討委員会」の提言を受け、作成したものだということです。

参考資料を含め、250ページ近い大部なガイドラインなので、すべてを読み切ることは即座には不可能ですが、ざっと眺めただけの印象でも、ポイントが押さえられた評価すべき内容になっていると感じます。

このガイドラインの発表は極めて画期的な出来事だと思います。

これまで自治体でバラバラな取り組みをしていた自転車施策の一つの基準が示されたのですから。

とりわけ、「自転車を歩道で走らせるべきなのか」「車道に下ろすべきなのか」という悩ましい問題への明快な回答となるものです。

答えは、もちろん「自転車を車道に走らせる」ための環境整備を示しています。

その証左として、検討委員会のメンバーの一人である自転車活用研究会の小林成基氏は、きょう付けのメルマガで同ガイドラインの発表について、以下のように語っています。

4月の提言から一歩も後退、妥協された箇所はありません。
既に計画済み、予算執行途上の整備、将来とも自転車ネットワーク路線としないことが確定している道路(そんなものが自動車専用、あるいは歩行者専用道路以外に存在するはずがないし、そんなところに自転車空間は計画されないはずだが)については過渡期のどさくさで、歩道上のいわゆる自歩道が造られてしまう懸念はありますが、少なくともこのガイドラインに沿って整備すればほとんどが自転車レーンとなります。

昨年の警察庁による「自転車は車両」の再定義に続いて出されたガイドラインは、カオス状態にある日本の自転車事情に終止符を打ち、自転車が長く愛され、利用されていく社会への一歩となることを期待したいです。

また、ガイドラインには、言葉の定義や法令などについても詳細に触れられているので、これまでぼんやりとしか知らなかったことを明確にするための勉強の意味でも、最後まで読み通そうと思います。

そして、ポイントとして重要と感じた個所について、自分なりの見解などを、当ブログにて述べていこうと思っています。

ちなみにガイドラインはPDFファイルで約20MBです。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

しつこいようですが、My自転車5原則を当面の間、掲げさせていただきます。この5原則が当たり前になり、掲げる必要のない日が来ることを祈って…。

小平市「自転車スイスイ」の講演会・ワークショップのお知らせ

きょうは自転車関連イベントの告知をさせてください。

私が所属する小平市の市民サークル「自転車スイスイ」のイベントです。

今のところ、参加者の見込みが少なくて、主催者が苦慮しています。

12月8日(土)13時半から、小平市中央公民館で行います。

小平市近辺の皆さんのご来場をお待ちしています。

当日、私は記録用カメラマンとして参加する予定ですので、もしお越しの際はお気軽にお声かけください。

以下がイベントの紹介文です。

市民学習奨励学級 小中学生保護者のための自転車教室

 子どもたちの移動手段としても欠かせない自転車。車道を走るのが原則ですが、自転車レーン設置はなかなか進まず、安全に走れる環境には程遠い状況です。やむなく歩道を走ることが多くなっています。しかしそうすると、歩行者との事故が起きやすく、子どもが加害者になって高額賠償を課せられるケースも発生しています。
 どうしたら、歩行者も自転車も安心して通行できるようになるのでしょうか?
今回は、お子さんたちに自転車の安全な乗り方のお手本を示していただくために、「小中学生保護者のための自転車教室」を企画しました。講演とワークショップの2本立てになっています。
 保護者の方はもちろん、少年野球・サッカーの指導者など自転車で小中学生を引率される方や一般市民の方も歓迎します。

講 演 「どうしたら事故を防ぐことができるか」
 講師 川村善久さん(NPO自転車活用推進研究会 事務局)
ワークショップ 「どうしたら車道を安心して走れるか」
  と き 2012年12月8日(土) 13時15分開場、13時30分 ~16時
  ところ 小平市中央公民館 講座室2
参加費  無料
参加申込 11月5日(月)以降問合せ先に(先着順に参加受付)、
主 催  小平市教育委員会
企画運営 自転車スイスイ

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

しつこいようですが、My自転車5原則を当面の間、掲げさせていただきます。この5原則が当たり前になり、掲げる必要のない日が来ることを祈って…。

「自転車は免許ないから、ルール守らなくていいじゃん」という甘い考え方は許されない時代になった

日本ブログ村の初心者サイクリスト 注目記事の中で「とら」さんの「自転車で事故→車の免許停止処分」が1位となって注目を集めています。

新聞各紙もこの事故を以下のように一斉に取り上げました。

自転車でひき逃げ 「車でも危険の恐れ」と免停(読売新聞)

自転車事故で免停処分 奈良の男性(東京新聞)

自転車事故:奈良の61歳に異例の「免停」処分(毎日新聞)

私は警察の判断は正しいと思います。

なぜなら、クルマは免許があるからルールを守るけど、自転車は免許がないからルールを守らなくてもよいという考え方は、私の感覚からして、どうしても理解できない、ある種、それって宇宙人の考え方とも思えて仕方がないからです。

この不思議な考え方を別の角度から見るとこうなるのではないでしょうか。

「クルマはルールを守らないと免許を取り上げられてしまうから、仕方なく守るんだ」というものです。

もし仮にクルマにも免許がないとしたら、こういう人たちは、クルマでも無軌道な運転の仕方をし、簡単に事故を起こすことは間違いないでしょう。

免許があるから、ないからという問題ではありません。

交通という社会に存在する以上、ルールを守って移動することは、わが身を守ることであり、同時に他者の命をも守る意味合いがあるということを、つゆも忘れてはなりません。

私の言っていることは間違っているでしょうか。

日本人の美徳は譲り合う奥ゆかしさ、自らを律していく精神美にあると私は感じています。

その美徳が最も現れる瞬間が、人が行き交う時なのではないかとも思います。

政治の変革が求められる一方で、私たち一人ひとりの心を静かに見つめ直す必要にも迫られているのではないでしょうか。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

しつこいようですが、My自転車5原則を当面の間、掲げさせていただきます。この5原則が当たり前になり、掲げる必要のない日が来ることを祈って…。