知子からエバーノートへ、果てしない日記の移植作業

私は14歳のころから、日記をつけている。

父親が60年以上も日記を続けているが、そのDNAが受け継がれているのかもしれない。

父の日記は「当用日記」と決まっていて、古いものから現在に至るまですべて父親の本棚に収まっているが、私の日記は雲の上に置いてある。

つまり、クラウド(ドロップボックス)にデジタルで記録しているので、紙に書いた現物はない。

現存する日記は結婚2年目の1991年10月分以降なので、約20数年分というところか。

ただ、そのうち91年から98年まではかなり日付が飛んでおり、ほぼ毎日の記録が残せるようになったのは98年以降の約14年間分。

デジタル日記の書き始めだった91年当時はまだパソコンを使っていなかったため、ソニーのワードプロセッサーに書いていた。

95年ごろになって、ウィンドウズ95の登場もあり、パソコンに乗り換える。

使用したソフトは「知子の情報」だった。

しばらくはこの体制が続いたが、今年、ウィンドウズ7搭載のノートブックを購入する際、いよいよ「知子の情報」が使えないということがわかり、以来、エバーノートに乗り換えている。

知子の情報からエバーノートへの移植作業を現在、暇を見つけては行っているものの、一括インポートという便利な方法がないため、一日一日、貼り付け作業をしなければならない。

数千日分という移植作業は気の遠くなる手間ではあるが、半面楽しくもある。

というのも、こういうことでもない限り、日記を見返すこともないからだ。

現在、行っている作業は知子の情報から1か月分を抽出し、テキストファイルにし、そこから1日ずつエバーノートにコピペしていくというもの。

闘病生活が始まった2005年10月はひと月で5000行も日記をつけていた。

詳しくは読んでいないが、いろいろな精神的葛藤が記されているのだろう。

その一部はブログで公開している部分もあるはず。

日記とは不思議なもので、その日、その時にあっては価値はほとんどないのだが、その何気ない記述は時を経るほどに、成熟するがごとく、価値や輝きを増していくということだ。

他人にとってはこれぽっちも価値のない記録だが、当人にとってはこれほど重要な記録もない。

これが日記というものの面白さなのだろう。

さて、果てしない作業を続けるようとしようか。

中学時代の読書経験をたどる50冊に挑戦してみる

先日、ある集まりで、「今年の抱負」を語り合うことになったので、思いつきで、「今年は毎週1冊を目標に、50冊の本を読もうと思います」と話をさせてもらいました。

50冊の内訳は、私が中学3年生の時に挑戦した時と同じ作品です。

当時の感じ方と、30年以上経って読む今の感じ方はどう変わっていて、どう同じなのか、など振り返りながら、読んでいこうと考えています。

何を読んだかは、日本の明治・大正期の純文学作品だったので、ほぼ覚えています。

まずは手始めに山本有三の「路傍の石」から読もうと思い、さっそく書店で買ってきました。

そうなると、ブックカバーもほしくなるもので、ネットで物色したところ、「こういうのがほしかった」というものを見つけることができました。

美月幸房

帆布素材のブックカバーがほしかったので、即座に注文。

きのう、同時に注文した「ぐるぐるペンケース」とともに到着しました。

本に装着し、主な読書シチュエーションとなる電車内で立ってという想定で、片手で持って、数ページを読み進めてみましたが、とても手になじむので、ページをめくる際も滑らず、使い勝手は素晴らしいと感じることができました。

ペンケースも収納ポケットが大小5つあり、さまざまな使い方ができそうで、こちらも常用するに十分の機能を備えていると思います。

気に入りました。

なお、美月幸房さんは徳島県海陽町の宍喰にあるということを知り、かつて仕事で徳島県をエリアとしていた私は何度か宍喰(当時は宍喰町だった記憶が…)を訪れたことがあり、懐かしさも手伝って、とても満足感を得ることができたような気がします。

大切に長く使っていこうと思います。

ちなみに、去年から読み始めて、なかなか進まずにいた「ドン・キホーテ」前後編合わせて6冊も、あと残りわずか。

できればきょう中に「ドン・キホーテ」を読み終え、あすから50冊の1冊目となる「路傍の石」を読み始めたいところです。

美月幸房のブックカバーとペンケース。どちらも長い付き合いとなりそうです。
美月幸房のブックカバーとペンケース。どちらも長い付き合いとなりそうです。

信号無視の略式起訴よりも地域条例による反則金制度の実現を望む

自転車の信号無視も略式起訴へ 東京地検が方針変更(MSN産経ニュース)

これは画期的な方針です。

自転車による道交法違反は、自動車のような行政処分がないため、略式命令を受けると前科がついてしまいます。

それでは厳しすぎるからと起訴猶予などの不起訴処分とされてきたのですが、この方針転換によって、略式起訴がされ、信号無視の場合、5万円以下の罰金刑が科され、前科がつくことになるのだそうです。

東京地検のみの方針変更であるため、当面は東京都内での取り締まりにおいて、赤切符=起訴=罰金刑=前科という流れが確立されることになります。

自転車も信号を守るべきだという考えのもと、頑固なまでに信号を守ってきた私としては歓迎すべき東京地検の方針ですが、それよりも本来やるべきは、地域条例で反則金を設けることなのではないかと私は考えます。

ただ、それをするには現在の道交法の改正が必要なので、その実現を強く求めたいところです。

なぜなら、自動車で信号無視をしても前科にならず、自転車には前科がつくというのは、やはり釈然としないシステムだと言わざるをえませんからね。