本来走るべき車道に自転車の実質的権利はほぼないに等しい

自転車事故に関するニュース2題。

自転車事故7000万円! 子供の遊びで1500万円の賠償も(プレジデントオンライン)

自転車でひき逃げは最高10万円の罰金+高額賠償金(プレジデントオンライン)

たかが自転車、されど自転車である。

免許がいらない、気楽な乗り物、だからぶつかったとしても人がけがをしたり、ましてや亡くなったりするわけがない……。

自転車利用者の多くが、残念ながらこのような意識をもってしまっているのではないだろうか。

とんでもない思い違いだ。

自転車はクルマやオートバイと同様、走る凶器だ。

事実、これまで自転車に絡む事故で多くの人が重傷を負ったり、亡くなったりしている。

事故を起こすまではこの認識に気が付かない。

事故を起こして初めて、だれもが取り返しのつかないことをしてしまったと後悔する。

実際に数千万円という高額の賠償請求をされ、人生を台無しにしてしまった人が少なからずいる。

これは自転車に乗る以上、だれにとっても他人事の話ではない。

繰り返そう、これは決して他人事ではない。

自転車事故の最大の要因は、自転車の歩道走行だ。

安心と思われる歩道走行にこそ、危険が潜んでいる。

歩行者にとっては自転車との接触の危険が。

自転車にとってはクルマとの衝突の危険が。

いまだに歩道をわが物顔で走る自転車はなくならないが、無理もなかろう。

本来走るべき車道に、自転車が走ることができる実質的権利はほぼない状態だから。

自転車は車両、ゆえに車道を走ることが、当たり前の世の中になるまで、私はあきらめず本来の自転車走行の在り方について訴え続けていくつもりだ。

追記:
やや古い記事だけれど、付記しておこう。
甘い認識を変えるためにはこういった情報は多ければ多いほどよい。

暴走自転車 -一家の大黒柱をひき殺したら、損害賠償は億単位に!(プレジデントオンライン)

しつこいようだが、くれぐれもこれらの事実を他人事と思うべきではない。

後悔して気づいても時既に遅しだからだ。

最後になってしまったが、ではどうすればいいのか。

簡単だ。

ルールを守ればよい。

ただそれだけのことだ。