この痛ましい事故をきっかけに日本の自転車走行の在り方を変えなければならない

親に9500万円賠償命令 少年が自転車で人はねた事故(朝日新聞デジタル)

ここ数日間、この自転車事故を巡る訴訟判決が頭から離れない。

子どもが乗っていた自転車が大人とぶつかった。

一見、極めて単純な事故のように思われるが、引き起こした結果はあまりにも重大だった。

この現実をどう受け止めるべきなのか。

少年も、はねられた被害者も、「運が悪かった」と片づけてしまってよいのか。

私にはそうは絶対に思えない。

ほとんどの報道機関が指摘していないが、少年が被害者の女性とぶつかってしまった最大の要因は、道路の右側走行、つまり逆走にある。

もし、少年が法に則り、左側走行をしていたならば、この事故も訴訟も起こりえなかった。

車道の逆走は、日常によく見られる傾向だ。

多くの人は、それが法を犯す悪い行為だとは思っていない。

しかし、れっきとした道路交通法違反であり、摘発されれば、赤切符を切られて、「前科」がついてしまう犯罪行為なのだ。

そうした認識を持っている人はごくわずかだ。

そうした大人の真似を少年がしてもおかしくない、というより、それが手本だと思い込んでしまうに違いない。

だから、事故の日も、少年は車道の右側をいつものように走っていた。

右側に住宅があって、人が飛び出してきたりするという想像もできなかったのだろう。

そして、この重大事故を引き起こしてしまった。

少年にとっても、その母親にとっても、そして被害者、その家族にとっても、だれもが地獄に突き落とされるような事態になるとはつゆも想像されることなく。

こうした事故を繰り返さないためにはどうすればいいのか。

大人一人ひとりがルールを守って、子どもたちのお手本になっていくしかない。

「そんなの無理だろ」という声が聞こえる。

確かに。

しかし、自転車はここを走るという表示を車道に書いてしまえばどうか。

これまで歩道、車道を無秩序に走り抜けていた自転車に、一つの秩序の流れができよう。

その流れがやがて大きくなれば、やがてそうした秩序が常識に変わっていく。

大人が手本に、などと気合いを入れることもなく、気が付けば、変わっていたという状況を招くことは間違いなかろう。

たとえば、こんなふうに。

自転車レーンの設置は遅々として進まないが、これが遅れれば遅れるほどに、自転車による痛ましい事故がこれからも起こり続けてしまうことを政治と行政に携わるものは、しかと肝に銘じるべきである。

腎臓機能16%と低下したが……

1か月半ぶりに医科研病院を受診してきた。

検査の特記事項は……。

クレアチニン 3.39 (前回3.06)
e-grf        16 (前回18)

最も気になっていた腎臓の数値がダウンしてしまった。
0.3ポイントのダウンは結構なもの。
体調も特段悪くなく、無理した覚えもなかったので、ちょっと残念な数値だった。

e-grfは腎臓機能のパーセントを示す数値。
よって、現在の腎臓機能は16%ということになる。

基本的に10%を切ると人工透析の導入が必要とされているので、残りあと、6%というところか。
できるだけ引き伸ばしたいが、どうか。

検査メニューはほかに、胸部レントゲンと呼吸機能検査(肺活量)があった。
レントゲンは無問題。
ほっとする。

呼吸機能は去年6月の入院時以来なので、気合を入れて臨む。

VC:肺活量    89% (前回83%)
FVC:努力性肺活量 90% (前回75%)

だいぶ改善された。
ほっとする。

とはいえ、2005年の入院時はいずれも100%を超えていただけに、当然ながら呼吸機能は元気だったころからすると、だいぶ落ちているということを実感する。

まあよい。

生きていれば、なんとかなる。

一喜一憂せずに、日々を大切に、悩まず楽しんで生きていこうと思う。

電動歯ブラシ+歯間ブラシ+フッ素コーティング

歯の話題を続けてきたが、きょうは私なりの歯のケアの方法を紹介してみたいと思う。

歯の手入れの仕方はそれぞれの口腔の状態によって百人百様であろうから、万人にとってこれがベスト!という方法はない。

その百様のうちの一つの私の方法は以下の通り。

ちなみに私の歯の状態はすべて歯根が残っていて、うち治療が加えられている歯は9割で差し歯は現状3本(近く5本になる予定あり)。

(1)電動歯ブラシ(フィリップス・ソニッケアー)で内側2分、外側2分。歯磨き粉はクリアクリーンエクストラクール(花王)。

(2)歯間ブラシ(デンターシステマ)のブラシ部を適度に希釈したコンクールF(ウェルテック)につけながら、すべての歯間を磨く。所要時間3分。

(3)手動歯ブラシ+クリアクリーンエクストラクールで全体をもう一度磨く。特に磨き残しを気をつけて。所要2分。

(4)手動歯ブラシ+コンクール ジェルコートF(ウェルテック)で歯をコーティングするつもりで磨く。うがいはコーティングを残す意味で2回まで。所要時間2分。

それぞれの間のうがい等の時間を含めて、ここまでをこなすと、大体14、5分がかかる。

この工程を終えると、われながら感動的なほど、口の中はさっぱり、歯はつるつる状態になる。

ポイントは3つ。

一つは数分程度の歯磨きだけでは歯垢を取りきることはほとんど無理。

二つめは通常の歯ブラシ(電動も含め)では歯と歯の間の歯垢は絶対に取れない。

三つめは歯の状態を長持ちさせるためのフッ素コーティングは必須。

さまざまな試行錯誤を繰り返した末にたどりついた私なりの口腔ケアの一つの方法は以上だが、なかなかその方法にたどりつけないと悩んでいる方の参考になれば幸いである。

そして自分なりの方法を見い出してほしいと願うとともに、生涯、歯を大切にしてもらいたいと強く思う。