2020年東京オリンピック開催までに自転車レーン1000kmの実現を

ここ3日間はオリンピックムード満開であろうと思われるので、その熱が冷める前に、オリンピックを開催するに当たって必要と思われることを一言述べておきたい。

結論から言うと、「日本におけるガラパゴス化した自転車の走行の在り方を抜本的に改めること」だ。

さらに簡単に言うと、「世界から見て極めて恥ずかしい悪習である歩道走行をやめること」だ。

自転車の歩道走行は長年にわたって、当たり前のように続けられてきたが、世界から見れば、類を見ない変わった習慣であることをまず、認識しなければならない。

自転車は「車」との漢字が付くように、文字通り「車両」に属することは言うまでもない。

しかし、その車両が、歩行者の空間であるはずの歩道をわが物顔に突っ走る。

これは明らかに間違っている。

法律では、「自転車通行可」の標識がある歩道は自転車の通行が認められてはいるが、それでも徐行が義務付けられている。

ところが、実際は20kmくらいのスピードで飛ばす自転車はいくらでも目にする。

そして、やっかいなのが彼らはそれを間違ったことだと微塵も思っていないことだ。

しかも歩道走行だけではない。

自転車運転者の多くが信号やルールを守ろうとしない。

運転免許がないから、抑止力が効かないからなのか。

実際は赤切符を切られることで、刑事罰を負う恐れがあるということを知らないだけなのだろう。

実際に刑事処分を受けて初めて、自分が犯した愚かな行為に気づくことになるわけだ。

おそらく、取り締まりを強化したところで、この悪習を断ち切ることは無理だろう。

根本的な解決策を求めるならば、人の行動を促すシステム自体を見直すしかない。

つまり、道路構造の改善だ。

その見本はロンドンにある。

ロンドンはオリンピックの開催に向けて、自転車通勤のための弾丸道路の設置など、「自転車革命」と銘打ち、徹底的な改革を推し進めていった。

結果、ロンドンにおける自転車の交通分担率は急激に増加し、クルマの渋滞減、大気汚染などの環境の改善にも寄与することになったという。

東京の自転車条例ができたが、まだ明確な目標が掲げられていない。

今回のオリンピック開催決定を期に、7年後を目指して、たとえば「東京に自転車レーン1000km」を設置するなどの目の覚めるような目標を掲げ、そこにまい進していってほしいと思うのだが、どうだろうか。