HAL9000の逆襲は深く広く進行しつつある

きょう、近くのスーパーへ向かう途中のこと。

一人のうつむいて歩く男の青年とお年寄りの女性がぶつかりそうになり、お年寄りが何とか避けて事なきを得たが、若者の方は何事もなかったかのように歩き続けていた。

その若者は私が向かっていたスーパーに入り、立ち止まっていたので、なぜお年寄りとぶつかりそうになったのか、納得がいった。

スマホ歩きをしていたのだった。しかも、がっちり両耳にイヤホンを差し込んで。しかもブツブツと何かつぶやいている。だれかと通話しているようだ。

自分がレジに向かうと、ちょうど若者が先にレジの前を立っていた。その手にはスマホ、両耳にはイヤホン。お釣りをもらっても無言。

人の生き方をとやかく言うべきではないのだろうが、なぜか悲しく感じた。

彼はこれからも、そんな周囲を全く認識しないかのような振る舞いで、人に悲しい思いさせていくのだろうかと思うと。

スマホのせいにするのは筋違いか、スマホにむしろ申し訳ないが、彼はスマホに魂を抜き取られてしまっていることは間違いない。

HAL9000の逆襲は深く広く人間を操作する形で進んでいることを思わざるをえない。

※HAL9000について知りたい方は映画「2001年宇宙の旅」を参照のこと。