ブルーブラックの魅力

きのう百円ショップで購入したスポイトで、万年筆のインクの移し替え作業をしてみた。

私はペリカンのインクボトルを使っているが、万年筆が吸入式であるため、ボトルの半分以下にインクが減ると、1回で吸う量が少なくなってしまう。

ボトルを傾けるという方法がないわけではないが、弾みで倒れて大惨事を引き起こすというリスクも伴う。

ゆえにボトルは常に2本用意しておき、減った分を補充するという方法を採用している。

しかし、インクを移動するためのスポイトがなかなか手に入らず、仕方なく、吸入式万年筆をスポイト代わりにして、移動させていた。

ネットで調べてみたが、30本まとめてとか、本体200円で送料500円など、適当なものが見つからない。

ということで、百円ショップに行ってみたわけだ。
サブナードにできたショップとあって、女性向け商品がほとんど。
女性の視線がきつかったので、早々に店員さんに聞いてみて、すぐ見つかった。

化粧品コーナーにあり、化粧水などを小分けにするための商品だった。
全く問題ない。

家に帰ってさっそく試す。

いい感じだ。

しかし、あることに気づく。

3本ある予備のボトルのインクの色がそれぞれ、微妙に違う。

最も新しいボトルはブルーブラックのはずが、限りなくブルーに近い。
書き出すとその差は歴然。

まあいいか。

ブラックと混ぜて、オリジナルの色を作ってみようと思う。

ブルーブラックと一口で言っても、その色彩の数は無限にあるゆえに。

ブルーブラックというインクは不思議だ。

このインクがなければ、万年筆の存在価値はないに等しいとも感じてしまうほどだ。

※せっかくだから、背景をブルーブラックにしてみる。ちょっと明るめだけど、自分のイメージはこんな感じだろうか。

__

足を治して自転車に乗ろう

きのう厚めに塗った薬(ユーパスタコーワ)の効果か、足の状態が準劇的に改善。
これまで常に赤みが差していた傷口がピンク色になっている。
これは今までになかったこと。

その要因はやはり薬のベタ塗りにあろう。
ベタ塗りをしたのは先生がそうしたから。
そういえば、この前が初めてだったのだ。
そうだったのか。
ずいぶん遠回りをした。

でもいい。
改善の兆しが見えてきたのだから。
6、7年越しの悩みをなんとかここで断ち切りたい。

足が治れば、自転車復活も視野に入る。

何とか、一気によくなってほしい。

きょうも西武新宿は快調に飛ばしている。

銀の消臭効果を賛嘆してみる

2014年06月10日(火)

7:47 36.3 54.3 123-68 ミカ、プレ2mg

おお!飛ばすな、西武新宿線。
あっという間に上石神井だ。

銀の効能について。
銀はすごい。
何がすごいのか。
消臭効果が絶大。

自分は脇汗を多量にかく体質ゆえ、それが元となって発する臭いに長年悩まされてきた。
制汗スプレーはもちろん、汗をかくたびにペーパーで拭き取りなど、できうる限りの工夫をしてきたが、夕方近くなると決まって脇の辺りからぷ〜んとかぐわしい臭いが立ち込める。

これはこのような体質に産んだ親を恨むほかないと責任転嫁してきたわけだが、ところが、で、あ、る。

銀だ。

銀という存在が私の人生を大きく展開することになる。

かなり昔から銀の存在は知っていたが、そんな都合のいい話などあるものか、どうせ効かないに決まっていると見過ごしてきた。

しかし、精魂尽き果てた状態の私はダメもとのつもりでまず、銀のペーパーを購入。

心なしか、臭いが抑えられた気がした。

これはもしや…と感じた私はさらにスティックタイプで脇に塗るタイプを購入。1000円。

ここに至って期待は確信に変わった。

朝、脇に銀を塗る。
ただ、それだけで、体感99%の体臭が抑えられることが判明したのだ。

素晴らしい、素晴らしい。

世の中には有象無象がひしめくように存在しているが、極めて稀に本物というべき物、そして人に行き当たることがある。

銀はここ数年で行き会うことができた最高レベルの一品と言えよう。

なぜなら、素晴らしいという賛辞にとどまらず、感謝の念に耐えないがゆえに。

脇の臭いに悩まされている方、だまされたと思って銀のスティックを試してみてほしい。