「やめないこと」が語学習得の唯一の近道

そしてまた、英語の季節が巡ってきた。

英語の勉強は1998年ごろから、いくどとなく手をつけ、いつの間にかやめて、また再開して……を繰り返してきた。

日記を振り返ると、2009年にセイコーの電子辞書を買ったころはかなり気合を入れていたころだと思う。

私が愛聴してきたアメリカのラジオ局であるNPRで音声とテキストが自由に無料でダウンロードできるようになったのもこのころだからだ。

2012年ごろまでは電子辞書に向かっていた記述があるが、その後、3年ほど、ご無沙汰してきた。

そしてまた、英語の季節が巡ってきた。

今回のきっかけはなんだろう。
ICレコーダーの活用だろう。
音楽で使えることがわかり、音楽リストが完成。
そして英語へ。
2015年04月22日(水)の日記にあった。
「永遠の回帰NPR」という記述さえあった。

以来、データを取り込み、200を超える音声とテキストをEvernoteに取り込んだ。

さらにSIIの電子辞書SR-G9001も復活。
PASORAMAでパソコンに接続し、意味や例文をどんどんEvernoteに取り込む。

感動的だ。

きのうはwifi仕様の電子辞書(55000円)を購入も一瞬、考えたりしたが、慌てなくてよかった。
PASORAMAで十分使える。

「やめないこと」が語学習得の唯一の近道――とはかつて通訳の方から聞いた教訓。

楽しみながら勉強していくとしよう。

ちなみに、こんな記述が過去(2009年8月25日)にあった。

人生初の電子辞書を購入

スクリーンショット 2015-05-16 17.30.24