英語研さんの鉄則:問題集を捨てて、ニュースに没頭せよ

英語の研さん再開から2か月ほどが経つが、一向に飽きがこず、むしろ日々、面白みが増している状態。

いいことだと思う。

これまで、英語の勉強がフェードアウトする原因は、単調な勉強の繰り返しに、つまらないと思い始めるところからだ。

ところが、今回はまだ2か月ながら、以前とは違う手ごたえを感じている。

その理由を挙げてみよう。

①英語研さんの目的を絞り込んだこと。

以前はTOEICの点数アップを目標としたので、カバーの範囲がリスニング+リーディング+グラマーなどの多岐にわたり、つまらない問題集を繰り返すことに飽きが生じていた。
問題集の問題は、表現がすぐに古くなってしまうこと。ベーシックな表現を学ぶにはいいが、所詮、“生きていない”ので、どうしてもつまらない。飽きが来る。問題集を使うことはやめた。

②研さんの手法をシンプルにしたこと。

メーンはNPRから取り込んだ音声を聞きながら、スクリプトをひたすら追うというもの。記事全体のおおまかな意味がつかめるようになるまで、何度も繰り返し聞く。少なくとも3回は聞く。
これ以外は、ニュースサイトの見出しをざっと眺め、面白そうな記事をざっと読む。

③エバーノートの導入。

実はこれが一番のポイントかもしれない。
NPRの音声ファイルを聞きながら、スクリプトを読むために使っている。
以前はGoogleのドキュメントで試したり、電子辞書のMP3再生機能を利用したりと、さまざまな方法を試みてみたが、使い勝手が今一つよくなく、どれも長続きしなかった。
2012年から使い始めたエバーノートは個人の日記をはじめ、さまざまな情報の蓄積に活用ができることがわかり、ここに来て、英語の研さんにも大いに有効ということが判明したのだ。
以来、イディオム、文例、参考文献の蓄積など、その数が増えるたびに、研さんの進捗を感じることもできる。

そこで最近、面白いと感じたイディオムを一つ。

きょうのNPRの記事の見出しで見つけたものだ。

NBCUniversal Is Cutting Ties With Donald Trump

「Cutting Ties-ネクタイを切る」とはどういう意味か、調べると、「足を洗う」という意味だという。
なるほど、となると、大統領選出馬を表明したDonald Trumpがメキシコに対する侮蔑発言をしたことで、NBCUniversalは今後、Trumpから足を洗う、つまり、関係を断つという意味がとれるというわけだ。

短いフレーズで表現しなければならない見出しはイディオムの宝庫であることがわかってきたので、とにかく、できるだけ多くの見出しに目を通し、意味がつかめないものは調べていこうと思う。

ともあれ、(あくまで私の場合の)英語研さんの教訓と鉄則。

「問題集を捨てて、ニュースに没頭せよ」

という辺りだろうか。

改めてオーラルケアの大切さについて考える

先日、歯医者さんで歯のCTを撮り、詳しく診てもらったところ、何と、2本も抜歯しなければならないことが判明した。

ショックだった。

ここ数年、徹底的にオーラルケアに取り組み、歯周病菌を抑え込む努力をしてきただけに、痛すぎる宣告だった。

これもすべて、長年にわたるケアの手抜きが原因。

後の祭り、後悔先に立たず、である。

ということで、これ以上悪くしないために努力を続けるほかない。

オーラルケアの大切さはだいぶ認識されてきたようだが、フロスや歯間ブラシをやらないという人はまだ多いことを思うと、まだ気づいていない人が大半だということなのだろう。

歯周の病気はさまざまな病気の因子となることがわかってきているだけに、「たかが歯磨き」と思わない方がいいのかもしれない。

以前にも記したが、その後、改良が加わったので、改めて自分なりのメソッドを紹介する。

<オーラルケアの手順>

(1)電動歯ブラシで内側2分、外側2分。全体で、所要時間5分。
歯茎の付け根辺りを意識して歯ブラシを当てる。

(2)歯間ブラシのブラシ部を使い捨ての透明プラスチックコップに適度に希釈した洗口液につけ(洗い)ながら、すべての歯間を磨く。
歯間の広さはまちまちなので、広さに応じて、(SS、S、M)を使い分ける。
可能な個所は、双方向で磨く。
所要時間5分。

(3)筆型の歯ブラシで歯茎のポケットが深い個所を丁寧に磨く。所要5分。
奥歯は見えにくいので、汚れの状況をLEDライトで当てて、確認するとなおよい。

(4)手動歯ブラシ(普通の)+コンクール ジェルコートF(ウェルテック)で仕上げのつもりで全体を磨く。所要時間5分。

(5)希釈した洗口液コンクールFでうがいをして終了。

<お勧めの道具、薬品などについて>

■電動歯ブラシ
フィリップス・ソニッケアーシリーズ
※歯医者が勧める唯一の電動歯ブラシ。
最近は機能を抑えた廉価版が出ていて、十分使えると思われる。
5、6000円程度。

■歯間ブラシ
デンターシステマ、L型
※いろいろ試してこのタイプに行き着く。L型でないと奥歯が全く磨けないため、L型がお勧め。

■筆型ブラシ
歯医者で勧められた毛先の柔らかいブラシ

■歯磨き粉
コンクール ジェルコートF(ウェルテック)
※歯医者が勧める歯磨き粉。
研磨剤を含まず、フッ素入り。
一般の歯磨き粉のように爽快感がない分、ごまかさずに磨くことができる。

■洗口液
コンクールF(ウェルテック)
※歯医者が勧める洗口液。
殺菌力が高い。

IMG_0114

最後に、関連する気になる記事を見つけたので、これも紹介しておく。

Are You Flossing Or Just Lying About Flossing? The Dentist Knows(NPR)

2か月の英語研鑽の中間総括

前回のブログ記事(5月16日)では英語に約5年ぶりにはまっていることを書いたが、何とか今も継続している。

再開は4月22日とあるから、現在、2か月を終えようとしているところだ。

2か月の英語研鑽の中間総括をしてみたい。

■リスニング

①短いニュース記事であれば5割方は意味がとれるようになってきた。

②長めのダイアログは1、2割がせいぜい。早口でまくしたてる部分は全く手が出ず。

■リーディング

①かつては2、3行が限度(意味がとれないゆえ)だったものが、意外とスラスラ(もちろん、わからない単語は飛ばし)とある程度の長文も意味をとりながら読むことができるようになった。

②その要因として、単語の蓄積(ニュースに頻出)が少しずつできたことと、リスニングで培った、シャドーイングのおかげで、自分のペースで読むことができるようになった。

というところだろうか。

当面、現在の勉強方法で3カ月、みっちり取り組み、どこまで自分のなりの成果をもたらすかを試してみたい。

もし、3カ月でそれなりの効果が挙がったら、またこのブログで報告させてもらうことにする。