入院最後の日に医科研病院讃

入院11日目。

きょうお昼に退院となる。

少し時間ができたので、今回の入院を振り返り、総括してみたい。

移植からちょうど10年の節目の入院となった今回、さまざまな教訓と意義を感じさせるものとなった。

何より、感謝したいのが、お世話になった医科研病院だ。

医科研病院は私にとって、命の恩人であり、守り手であり、この病院なくして今の自分はないと言っても言い過ぎではない。

今回も、血液疾患の再発といった内容の病気でなかったにもかかわらず、受け入れてくれ、手厚い治療を受けることができた。

引っくり返って、近くの総合病院に救急車で運ばれるものの、深刻な事態ではないと、30分ほどで病院を追い出された時は絶望に近い状態だったが、そんな窮地の私を救ってくれたのが、医科研病院だった。

これまで、MDSという病気になって以来、さまざまな病院にかかってきたが、医師も看護師などスタッフも、ほぼ一様に木で鼻をくくったような対応がほとんどの中で、この医科研病院だけが、人間味のあるぬくもりを感じさせる唯一の病院なのだ。

ここまで絶賛すると勘ぐられることもあるかもしれない。

しかし、私の正直な思いを偽ることはできない。

ただ、医科研病院も万能ではない。

一長一短の短の部分もある。

それは診療科が極端に少ないこと。

血液内科と外科以外はほとんどが非常勤の医師だったりで、今回のように、耳鼻咽喉科はどこそこにと病院を替えて診てもらわなければならない。

そこは総合病院ではないデメリットの部分。

しかし、ポイントはここにある。

つまり、医科研病院は総合病院ではなく、患者が少ないがゆえの患者に近い存在でいられるのである。

中でも、とりわけ、主治医のT先生の存在が大きい。

T先生には10年前の移植時から、一貫して見守ってくださった、文字通り、命の恩人なのである。

退院の日に思うことは、ただ感謝感謝のみなのである。

足を向けては決して眠ることはできない医科研病院。できればもう入院はしたくないが、これからも通い続けることは間違いないだろう
足を向けては決して眠ることはできない医科研病院。できればもう入院はしたくないが、これからも通い続けることは間違いないだろう