遅れてやってきたタブレットの季節

DELLのパソコンとの付き合いは長く、かれこれ20年になる。

日記を見返してみると、以下のような記述が残っていた。

1996年3月購入。
DELL LATITUDE P120
CPU:Pentium 120MHz
MEM:16MB
HD:1GB
OS:Windows95
¥450,000

このスペックでも当時としては最先端であり、垂涎ものだった。

実際、今では考えられない45万円という価格設定が時代を物語る。

それでも買ったのだから、我ながらすごいと思う。

以来、デスクトップは自組に走り、ノートはパナソニックのレッツノートに浮気したりした時期はあったものの、現在はデスクトップは自組のままだが、ノート、タブレット、ディスプレイ、キーボード、マウスに至るまで、DELL製品が自分を取り囲んでいる。

相性の問題だろうか、結局のところ、DELLを選んでしまうのだ。

今、この文章もDELLのタブレット、Venue pro 8で書いている。

タブレットはiPadに続いての使用となるが、ウィンドウズのタブレットを使ってみたかったので、おととしの4月に41000円で購入した。

ところが、である。

使いづらいことこの上ない。

特にソフトウェアキーボードが画面の半分を占めるので、打ち込みたい箇所を隠してしまう。

これは使えない。

純正の付属キーボード購入を考えるも、1万5000円の値段に腰が引け、ならばと、Bluetooth 接続のサードパーティー製キーボードを購入する。3000円。

しかし、これも実用に至らず。

さらにもう一台、別のメーカーのキーボードを買ってみるも、だめ。

追い打ちをかけたのが、ウィンドウズ10へのアップデートだ。

アップデートはできたが、サウンドとカメラが使えなくなってしまった。

万事休すというところか。

このタブレットとはとことん相性が悪かったとあきらめて、Kindleで読書専用にしようと持ち歩くことにした。

ところが、なんだかんだと使っていくうちに、意外にも使えることが次第にわかり、サウンドも外付けのデバイスを接続することで使えることもわかった。

という顛末で、ようやくDELLのタブレットが購入から2年も経って、活躍を始めてくれている。

最近はスマホの勢いに押されて、タブレットは分が悪いらしいが、自分にとっては、遅まきながらタブレットの季節がやってきたというところだろうか。