エブリフォンセット676gは史上最軽量。20年間で1/3に

京都出張の仕事自体は問題なく終えることができ、ほっとして帰ってきたのだが、久しぶりの一泊出張だったため、肝心なものを忘れてしまい、かなり困った。

その忘れ物は充電器とiPhone用のケーブルだった。

おかげで、iPhoneは仕事を始める前に充電切れで使い物にならなくなった。

もう1台のスマホ、エブリフォンの方はケーブルがあったので、充電ができて、事なきを得た。

ということで、自分の中では、今回の件もあり、使用頻度とともに気持ちの上でも、エブリフォン>iPhoneという状態になった。

そこで、エブリフォンを軸としたセットの重量を測ってみた。

写真にある通り、651グラム。

内訳は
①エブリフォン140g
②キーボード194g
③充電パック282g
④スタンド11g
⑤ケーブル26g

これにACアダプタ25gを加えると、676gとなる。

以前、同じような計測をしたがそれは以下のようなものだった。

タブレット、Venueのパソコンセットの重量
Venue本体 390g
ケース 156g
キーボード 155g
マウス 65g
ルーター 155g
バッテリー 282g
ACアダプタ42g
計1245g
➕ケーブル2、保護バッグ類
計1374g

Mac Book Air 1051➕190=1241g
DELL XPS 1360➕280=1640g

重い順に並べ替えると
①DELL XPS 1640g
②Mac Book Air 1241g
③Venueセット 1245g
④エブリフォンセット 676g
という結果となった。

もちろん、単純比較はできない。
スマホでできることはノートパソコンに比べるとはるかに少ないのは確かだから。

とはいえ、持ち歩きに軽さは武器だ。

かつて20年前、ノートパソコンの使い初めの初期は本体だけで2kgはあった。
そこにアダプタを加えると2.5kgさらに周辺機器を持ち歩くと3kg台になることもあった。
それが2kgを切り、1kgラインまで下がってきて、そしていよいよ700gを切るまでに至ったのだ。

感慨深いものがある。

今回の充電パック忘れの教訓を生かすために、常に持ち歩くようにしよう。
それでも676gと、ペットボトル1本強の重さなら、決して負担になることはない。

いい時代になったものである。

エブリフォンセット。外で一日作業ができるセットの合計676g(写真はACアダプタを含まず)
エブリフォンセット。外で一日作業ができるセットの合計676g(写真はACアダプタを含まず)

タブレット+iPhoneセット。この段階で1kgギリギリまで下がっていた
タブレット+iPhoneセット。この段階で1kgギリギリまで下がっていた