JRiverのMediaCenterとともに歩んできた音楽ライフ

ゴールデンウイークの何日かは仕事が入ったが、基本的には暦通りの休みをとることができている。

妻は一人で映画へ、娘は仕事へ。

家に残された私は特にすることがないので、いつものように音楽ファイルの整理に専念してみる。

ここのところ、モバイルへの音楽持ち出しに関心が向いていて、パソコン周りの音楽環境がややおろそかになっていた。

パソコンの音楽プレーヤーはiPhoneを使い始めてからはiTunesがやはり多いのだが、それ以前、つまり1998年ごろから約10年ほどは、JRiverのMediaCenter(旧名MedeiaJukebox)を使っていた。

確かバージョンは5の時代だったと思うが、当時は英語版しかなかったが、とても使い勝手がいいので気に入って使っていた。

iPhone時代のブランクを挟んで、久しぶりにMediaCenterを購入(4780円)してみた。

バージョンはなんと21になっていた。

操作性は以前とほとんど変わることがなく、迷うことはないが、大きく変わったことがある。

日本語メニューが表示できるようになったことだ。

英語でもほとんど想像がつくことばかりだが、より楽になった。

なぜ、MediaCenterに回帰したかというと、いわゆるハイレゾブームに便乗するわけではないが、自分の手持ちの音楽ファイルも、mp3以外のflacやapeなどの形式のものが増えてきており、iTunesでは再生できないという問題があるゆえ。

オーディオ的には、自分の耳はさほど肥えてはいないので、細かい違いまでは聴き分けることはできないとしても、一々、mp3に変換する手間が省けるのは、何よりありがたい。

人工透析生活を間近に控え、週3回、一日4~5時間をいかに有効に使うかは、重要な課題。

やはり音楽に費やす時間は自然と多くなることが予想されよう。

そのための音楽環境の整理は人生を彩るための必須の作業となってくる。

そうした時に、15年来の付き合いとなったMediaCenterは強い味方だ。

そう思うにつけ、パソコンとの付き合いもかれこれ20年以上になったが、その長きにわたって使い続けているソフトは、MediaCenterをおいてほかにない。

素晴らしいことだと思う。

目まぐるしいITの世界にあって、これだけ息が長く続くというのは、それだけソフトの基本設計や理念が骨格からしてしっかりしていたことがよくわかる。

このソフトに出合い、そして音楽のすごさ、素晴らしさを味わわせてくれることに幸福を感じるとともに、改めて感謝したい。

JRiverのMediaCenter
JRiverのMediaCenter
JRiverのMediaCenterのスクリーンショット。本当にいい仕事をしてくれるソフトだと思う
JRiverのMediaCenterのスクリーンショット。本当にいい仕事をしてくれるソフトだと思う