和辻先生の勧告に背中を押され、漱石全著書の通読を開始

和辻哲郎の「夏目先生の追憶」を読み終えた。

「夏目先生の大きい死にあってから今日は八日目である」の書き出しで始まるこの一文が書かれたのは和辻が27歳の時。

若い和辻が偉大な師だった漱石先生の逝去に心乱れながらも、悲嘆にくれるばかりでなく、師の深く愛情に満ちた人格を、できるだけ生きいきとした形で残すことに使命のようなものを感じたのではないだろうか。

そう思わせるほどに、和辻の追憶からは漱石に対する恋慕を超えた激しい情熱すら伝わってくる。

「面とペルソナ」を教科書で知っていただけの和辻哲郎を、どちらかというと、むしろ冷徹な文章を書く哲学者然とした人物というイメージを抱いていたゆえ、この追憶文を読み、その印象は大きく変化した。

調べてみると、和辻が漱石の知己になったのは24歳のころだったので、亡くなるまでのたった3年間に過ぎなかったにもかかわらず、作品のみならず、人格、そして生き様に至るまで、漱石の実像に、これでもかというほどに肉薄する。

その姿勢はちょうど、漱石の「こころ」において、主人公の「私」が「先生」の真実に迫ろうとするそれを彷彿とさせる。

そんな象徴的なエピソードが、漱石から受け取った手紙の内容を紹介するところで表現されている。

以下、引用する。

……私は進んで人になついたりまた人をなつけたりする性の人間ではないようです。若い時はそんな挙動もあえてしたかもしれませんが、今はほとんどありません。好きな人があってもこりらから求めて出るような事は全くありません。……しかし今の私だって冷淡な人間ではありません。……

この手紙を読んで、それははまるで、「こころ」における「先生」の遺書そのものではないかと思わざるをえない。

和辻が漱石を強く敬愛した理由の一つが、師の一貫した不正に対する怒りだった。

しかし、その不正の怒りは世間の通念や常識に通じるものよりはむしろ、「人間性の重大な暗黒面--利己主義」に対するもので、それが漱石を「偏狭な奇行家として世間から認められている」としながら、その真意について、「これを奇行と呼び偏屈と嘲るのは、世間の道義的水準の低さを思わせるばかりで、世間の名誉にはならない」と喝破する。

この一文が書かれたのは今からちょうど100年前のことだけれど、現在、あらゆる場面において不正や道義心の欠如が横行する状況を見るにつけ、その問題意識は古いどころから、なお新たにすべき心情ではないだろうか。

和辻はこの一文の最後、読者にこう呼びかける。

私は先生の死に際して諸君が先生の全著書を一まとめにしてあらためて鑑賞されんことを希望する。そうしてここに説いたような先生の人格と生活との表現がいかなる姿とリズムによって行なわれているかを子細に検せられんことを勧告する。

漱石の作品は小説については、すべての作品を既に読んでいるものの、中学時代に一度だけ読んだままになっているものも多い。

実は漱石作品は改めてそのすべてを通読してみたいと思い続けてきて、これまで実現できずにいたが、kindleの全集が入手できたことと、今回、和辻先生の勧告によって、いよいよその時が来たように思う。

さっそく、きょうの朝の通勤電車で、「吾輩は猫である」を読み始めた。

kindleには親切な機能があって、読み終えるまでの予想時間を計算し、表示してくれるのだが、それには「あと137時間」とあった。

私が読書に充てられる一日の時間は通勤における1時間のみ。

ということは、単純に計算すると、土日に欠けることを含めると150日、ちょうど5カ月かかることになる。

果たして5カ月で読み切れるかわからないけれども、和辻先生の「これらの物に親しむのはいかなる意味においても我々を益し我々を幸福するだろう」の言葉を噛みしめつつ、読み進めていくことにしよう。

漱石の講演集「私の個人主義」表紙。これら講演を読む限りにおいても、漱石の人間に対する深い愛情が伝わってくる。この講演を実際に聞いた人はどんな思いで耳を傾けていたのだろう。想像するに真にうらやましい
漱石の講演集「私の個人主義」表紙。これら講演を読む限りにおいても、漱石の人間に対する深い愛情が伝わってくる。この講演を実際に聞いた人はどんな思いで耳を傾けていたのだろう。想像するに真にうらやましい