コーヒーメーカーにまつわる学生時代のほろ苦い思い出

職場のコーヒーメーカーのポットが壊れてしまったので、急きょネットで購入した。

以前、会社の景気がいい時は、これら備品も経費で買うことができたのだが、最近の経営状況の悪化から、ほとんどが個人持ちにせよとの命令が下り、今やティッシュボックス1個も買ってはらなぬという。

公私混同の都知事の例を出すまでもなく、最近はこの手の支出には、内外ともに厳しくなっていることを痛感する。

ある面、歓迎すべきことだと思う。

職場だから、自分のすべてがそこに属しており、私的な面は一切ないというのは、あまりに窮屈だ。

ティッシュ一枚も、職場支給のものであれば、一々使うのも気が引けるものがあるが、自己負担ならば、その気兼ねもない。

今回のコーヒーメーカーも、会社の承認を得るべきか考えかけたが、すぐやめた。

自腹で買うことにした。

とりわけコーヒーのように、気持ちをやすらぐことを目的とするものに、公というタガをかけたくないという思いもある。

定年というゴールも視野に入り、おかげさまで給料も若手よりはたくさんいただいていることもある。

それで、少しでも職場のみんなが笑顔になってくれればそれでいい。

などと、いろいろ言い訳をつけているが、結局のところ、とにかく、自分がコーヒーを飲みたいだけ。

カリウムが高い飲み物とはわかりつつ、コーヒーだけはやめられない。

コーヒーといえば、思い出すほろ苦い経験がある。

学生時代、某出版社でアルバイトをした時のこと。

社員から、コーヒーを入れておいてと頼まれたものの、レギュラーコーヒーの入れ方を全く知らなかった私は聞くこともできず、インスタントコーヒーのようにコーヒーの粉をポットに入れてしまったのだ。

それを見た社員は怒ることもなく、「初めてなんだね」と、一から手順を丁寧に教えてくれた。

その時に飲んだレギュラーコーヒーが自分にとって、初体験だったのだが、本物のコーヒーのおいしさというものはこういうものだったのかと、身体が震えるような思いがしたことを覚えている。

以来、ほろ苦い記憶とともに、コーヒーを飲むたびに、この時の失敗を思い出す。

ああ、あのやさしかった社員の方は今もお元気にしておられるのだろうか。

職場のコーヒーメーカー。古いものも完全には壊れていないので、しばらくは2台体制になる。いつも朝一で入れてくれる若手社員には感謝である
職場のコーヒーメーカー。古いものも完全には壊れていないので、しばらくは2台体制になる。いつも朝一で入れてくれる若手社員には感謝である

昨夜からのむかつき、食欲不振は尿毒症の兆候か

きのう、シャント手術まであと2か月頑張ってみようなどと書いた矢先、きのうの晩から、やや体調がおかしなことになっている。

どうおかしいのかというと、食欲がない、わずかだが、むかむか感がある。

尿毒症の症状には以下のようなものがあるらしい(全腎協ホームページより)。
自覚症状があるものを太字にしてみる。

【脳】意識障害、けいれん、不眠、頭痛
【眼】視力障害、眼底出血
【口】尿臭、歯肉出血、味覚異常、金属様の味
【顔】むくみ、黄土色、貧血様
【心臓】心肥大、心不全、心膜炎、動悸、高血圧
【肺】咳、息苦しい、肺水腫、胸水、大きな呼吸になる
【血液】尿素窒素・クレアチニン・カリウム上昇、貧血、酸性になる
【腎臓】尿量減少
【胃腸】食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、潰瘍
【皮膚】皮下出血、むくみ、色素沈着、かゆみ
【末梢神経】感覚異常、イライラ感
【骨】低カルシウム血症、高リン血症、骨病変

44の項目のうち、自覚症状は21個。
検査次第では、もう少し増えるかもしれない。

いよいよ、かなという気がする。

あと2か月ももたないかもしれない。

次の腎臓内科は7月13日だから、その日には、シャント手術の予約をお願いすることにしよう。

人工透析の先輩からのアドバイスでは、透析が決まったからには、シャント手術は早めの方がいいよと言ってもらったこともある。

シャント作成については、腕の確かな医師に事前に診てもらい、「大丈夫」との太鼓判もいただいていたこともあり、やや過信気味だったけれども、諸先輩の話をいろいろ耳にするにつれ、さまざまなことを想定しておかなければならないことを痛感するようになった。

今の状態(むかつき、食欲不振)が、単に疲れ等からくるものであればいいのだが、もし、尿毒症なら……我慢すべき状況でもないのだろう。

ともあれ、来月の13日までは様子を見て、医師に相談することにしたい。

あと2週間、もってくれるだろうか。

だめだったら、来週水曜日にも受診することにしよう。

クレアチニンは6.68。あと2か月、徳俵で粘ってみる

きのうは医科研病院を受診。

肝心のクレアチニンは6.68、尿素窒素は78だった。

予想ではクレアチニンは7超えを覚悟していたので、少しだけ胸をなでおろす。

相撲でいえば、徳俵に足がかかって、ぎりぎりのところで耐えているという状態だろうか。

シャント作成のスケジュールとしている、9月初旬に手術、中~下旬から人工透析開始という流れはほぼクリアできそうだ。

あと2か月、それまでに心構えをはじめ、種々準備をして臨みたい。

ただ、自覚症状は日に日に強まっているのは確か。

吐き気や食欲不振までには至っていないものの、脚のむくみはひどく、昼すぎには腿の太さが3割増しになり、少しかがむこともきつい状態になる。

弾性ストッキングを履いているおかげで、足のむくみは防ぐことができているので、普通の靴を履いていられるのだが、その分、水分が太腿にたまってしまうようだ。

心配なのは、このむくみが高じることで、肺や心臓に水がたまってしまうことだ。

そうなると、命の直結してしまうだけに怖い。

その点の懸念もきのうの呼吸機能検査で、肺活量が正常値の90%出すことができたことで、今のところ大丈夫そうだとの医師の判断だった。

この点においてもほっとした。

ほっとして、気が緩んでしまい、きのうは昼、夜ともに、妻と外食をしてしまった。

病院に通う以上、外食をせざるをえないのだが、やはり、この徳俵状態で連続2回の外食には、我ながら罪悪感を覚えるものだ。

とはいえ、こうして生きていられるのだから、本当にありがたいことだ。

一日一日を無駄にすることなく、限りある生を享受していきたい。

昼食の定番、ラ・ボエームのシャンデリア。白金台の立地にありながら、入りやすいところが気に入っている。きょうはカルボナーラをいただきました。合掌
昼食の定番、ラ・ボエームのシャンデリア。白金台の立地にありながら、入りやすいところが気に入っている。きょうはカルボナーラをいただきました。合掌