腎臓の数値とは裏腹に、むくみが日に日にひどくなっている

先日の腎臓内科受診で、クレアチニンの数値が落ち着いていたこともあり、やや一息つくも、その反動のように、体のむくみがひどくなっている。

特に脚のむくみはひどく、常にパンパンに膨れ上がり、屈伸が全くできない状態になっている。

事実、体重が日に日に増加していて、通常55kgほどのところ、プラス3kgの58kg超と、明らかにむくみの兆候だ。

クレアチニンの数値より早く、自覚症状によって人工透析の導入が早められる恐れの方が強くなってきた気がする。

ただ、思い返すに、腎不全(腎機能30%)が診断され、1年後には人工透析導入は避けられないと宣告されたのは2008年だから、8年近く引き延ばしたことになる。

引き延ばしを可能にした要因は、食事制限、ステロイドの大量服用などさまざまあるのだが、医師もなぜそこまで保てたのかは、腎臓に聴いてみるほかないということらしい。

人体というもの、いや生命というものは不可思議な存在だということを痛感する。

先日、姉に現状を報告した際、「このまま、ズルズルと透析しなくて済んだ、なんていうこともありうるかもね」などと話していたが、実は自身も「まさか、でもありうるかも……」など、時々思ったりする。

そんな奇跡のようなことが果たしてありうるのだろうか。

それは神のみぞ知る、いや、腎臓のみが知るのだろう。

0.6ポイント改善した腎臓機能が、来月も仮に0.6改善したら、クレアチニン5台となり、また人工透析は一気に遠のくことになる。

という妄想を抱いた途端に、状況が悪化するというマーフィーの法則というものは、死語になったにせよ、今に生きていると思われる。

写真と本文は関係ありませんが、6月7日撮影の無人の新宿御苑。今、ここにスマホをもってうろつくポケGO民が占領していることを思うに、人はいかに扇動され、操作されやすい存在であるかということを実感する。新宿御苑詣ではしばらく控えるとしよう
写真と本文は関係ありませんが、6月7日撮影の無人の新宿御苑。今、ここにスマホをもってうろつくポケGO民が占領していることを思うに、人はいかに扇動され、操作されやすい存在であるかということを実感する。新宿御苑詣ではしばらく控えるとしよう