血圧低下と脱水が招いたシャント閉塞

人工透析・にほんブログ村へ

人工透析14回目。

シャント再建手術の成功のおかげで、平常の透析が可能になったことで、ほっとひと息ついているところ。

最初のシャント造成手術からわずか23日でシャントの閉塞を招いてしまったのは、いくつかの要因が重なったことによる。

一つは血圧の急激な低下、もう一つは脱水、さらに赤血球の多さが加わったことにより、血栓ができ、血管を詰まらせたのではないか、というのが医師の診立てだ。

それにしても、シャントの音がしない、血が流れないという事態には、正直動揺した。

こんなにも早く、通常の透析ができなくなり、動脈穿刺などで対応しなければならないようになるとは予想外だった。

ただ、今回はなるべくしてなったシャント閉塞ということも間違いない。

というのは、初めて作ったシャントが手術直後に血栓で詰まり、再手術を強いられたり、術後のシャント音が極めて弱かったりと、先行き不安の大きいスタートとなっていたゆえに。

その意味では、代償は小さくなかったとはいえ、今後の長い透析生活を送っていくうえで重要な教訓を得ることになったと実感する。

自分で管理できることとしては、血圧と水分コントロール。

これを徹して厳しく行っていく。

シャントという透析患者にとって、極めて重要な--ある意味臓器--を守る姿勢を学ぶことができたと思う。

透析生活が始まってまだ1か月。

経験者に聞くと、慣れるまでには1年は最低かかるなどの話を聞くにつけ、初心者中の初心者であることを自覚せざるを得ないが、だれにもそうした時期があったのだと自分に言い含めて、進んでいくほかない。

頑張ろうと思う。

人工透析・にほんブログ村へ

動脈穿刺による透析は、風邪をひいて熱を出してしまったこともあり、個室で行われた。もう二度と入りたくないものだ
動脈穿刺による透析は、風邪をひいて熱を出してしまったこともあり、個室で行われた。もう二度と入りたくないものだ