地域の食卓を支える鮮魚店の末永い存続を願うばかり

人工透析・にほんブログ村へ

締めの透析は41回目

きょうは大みそかだが、人工透析がある日。

本来なら30日のリズムだが、さまざまな家の都合をかんがみて、移動してもらった。

9月29日の初回以来、41回目の透析となる。

*

産地直送をうたう鮮魚店

透析を移動してもらった理由は、年末の買い出しを30日にしたかったため。

ここ数年、我が家では、30日に手巻き寿司、31日に年越しそばを食べるというのが習慣となりつつある。

その手巻き寿司のタネを買いに行くお店は産地直送をうたう鮮魚店で、地域の食卓の台所を潤わしてくれているありがたい存在だ。

この鮮魚店、私が今住む地に引っ越した直後からあった記憶があるので、20年ほど営んできていると思うが、私がここに通い始めたのは、ほんの数年前から。

それまでは、常にクルマが混んでいて、駐車場が停められず、ストレスばかりを感じる店などと、片づけていた節がある。

*

後輩の一言がきっかけ

それが急に、しかも足繁く通うようになったのには理由がある。

一つは、職場の後輩からのこんな言葉。

「え、あの店に行ってないんですか? 近くなのにもったいない。私なんか1時間以上クルマを飛ばして行っているっていうのに」

私は「ほー、そんなにいいんだ」とまず認識。

もう一つは、アクセスの手段をクルマから歩きに変えたこと。

クルマは長蛇の列に耐えられない状況は変わっていないが、歩いてみるとほんの20分ほどで店に着いてしまうということを発見。

運動にもなり、一石二鳥だということで、以来、妻とともにウォーキングがてら、鮮魚店に向かうことになった。

とてつもない行列のクルマを尻目に悠々と歩いて入店できるという優越感というか、お得感はなかなかのもの。

2時間待ち、3時間待ちなどといったディズニーランドのアトラクションにVIP待遇で別口から入場する感覚に似ている。

*

自らを奮い立たせ

前置きが長くなったが、この鮮魚店のどこがいいのか。

とにかく新鮮、その一言に尽きる。

都内では築地市場やアメ横などでなければ入手できないであろう鮮魚がむぞうさに並べられ、職人がその場であっという間にさばいていく。

これで新鮮でないわけがない。

そんな鮮魚が、今住む場所で手に入るのだから、消費者が放っておくわけもなく、30日、31日とあれば、店内は戦場そのもので、客の殺気立ち方もボルテージも恐ろしいほどだ。

かくいう私も普段は、絶対にしないようなかごを武器とする熾烈な接触戦に参戦する。

この時ばかりは自らに「きょうばかりはいつもの自分じゃだめなんだ、いけ!」と気合いを入れる。

実際、きょうの争奪戦でも、サーモン、まぐろ赤身、カンパチ、真鯛、平目、うに、鰈えんがわ、酢だこ、松前数の子とかごに詰め込むことに成功した。

この2日間は朝3時から開店するらしいが、開店前から長蛇のクルマと客の列ができるのだそう。

私たちは朝の9時ごろだからかなりゆっくり組だが、それでも品薄になることはない。

この鮮魚店はチェーンで展開していて、近隣の何店舗かで売り上げを競っているらしく、以前、テレビ番組がリポートしているのを見たこともある。

テレビのネタになるというのもうなずけるところだ。

*

1万円の戦利品

この日の戦利品、締めて1万円弱。

決して高い買い物ではない。

この店のことを改めて教えてくれた職場の後輩に感謝することしきりだ。

ちなみにこの後輩、去年に私の家に近くに引っ越してきた。

鮮魚店目的というわけではなく、お子さんの学校の関係らしいが、店に近くなったことをことのほか喜んでいる。

そうだろうと思う。

年末には年末にふさわしい料理を食べて、一年の来し方を思いつつ、団欒したいというのは人情。

そんな節に手巻きを頬張る喜びを実感させてくれるお店の存在は本当にありがたい。

世の中、急速な人口減少による地域の衰退がほうぼうで叫ばれ、憂慮されているが、こうした店は民間であるゆえ、もうけがなければ撤退するほかないのだろうが、どうか末永く存続してもらいたいと願うばかり。

ああ、それにしてもおいしい手巻きだった。

人工透析・にほんブログ村へ

戦利品の写真を撮り忘れたので、去年のものをあげる。それにしても壮観
戦利品の写真を撮り忘れたので、去年のものをあげる。それにしても壮観

人工透析・にほんブログ村へ