免疫力アップの薬にかかる費用が家計を圧迫

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

葛根湯を処方される

きのうひいてしまった風邪が増悪してしまったせいで、きょうは休暇をとらせてもらうことにした。

クリニックでもらった葛根湯のおかげか、重症は免れているようだが、鼻水が止まらない、痰もしきりに上がってくるという状態。

きょうは一日ゆっくり静養させてもらおうと思う。

外はきのうの温暖な天気とは一転、だいぶ寒いらしい。

確かにきのう帰りの電車を降りて、家に向かう帰路の寒かったこと。

念のためと、ニット帽、マフラーを持参していたので、助かったが、もし軽装で出かけていたら、風邪も一気に悪化していたに違いない。

実際、スーツのみの男性を2、3人見かけたがいずれもポケットに手を入れ、肩をすぼめていた。

おお、怖い怖い。

*

ステロイド服用の功罪

私は11年前、骨髄異形成症候群を患って、さい帯血移植を受けて以来、ステロイドを飲み続けている。

私の体の組織がさい帯血を異物とみなして攻撃してしまうもので、平たく言えばケンカをしてしまうわけ。

それを仲裁してくれるのがステロイドの役割なのだが、その落とし前はやはりつきもので、さまざまな代償を伴う。

一つは免疫力を極端に下げてしまうこと、二つ目は骨をもろくしてしまうこと、三つ目はムーンフェイスといい顔がまん丸く膨れること。

そのほかまだあるが、私に現れているのは上記の3つで、特に免疫力の低下には大いに悩まされている。

免疫力を表す指標は、IgGといい、標準値は800~1600mg/dlなのだが、私は常に400台と、標準値の下限の約半分しかない。

この免疫の低さが風邪をひきやすい、感染症をもらいやすいという原因になってしまっている。

*

高額なグロブリン点滴

その対策として病院でしてもらっているのが人工の免疫グロブリンを点滴で投与してもらうこと。

ひと月に一度、この点滴を入れるのだが、これがばか高い。

1回にかかる費用は8万円で、保険の自己負担は2万4千円にもなる。

これに診察費、薬代が加わるから1回の総支払い額は5万円を超えてしまう。

したがって年にかかる医療費は多い年で100万円近くになることもある。

家計を大いに圧迫する要因になっている。

ステロイドで免疫を下げ、免疫グロブリンで免疫を上げてやるということは、クーラーとストーブを同時につけているに等しく、かなり非効率だ。

それでもしなければならないのは、11年経ってもケンカをやめてくれないからで、仲裁がなければ肺や皮膚などさまざまなところが故障してしまうため。

医師は否定しているが腎臓が悪くなったのも、このケンカが原因ではないかと私は疑っている。

*

命の代償を受け止め

ただ、考えてみるに、このケンカの原因となるさい帯血移植をしていなければ、私の今の命はまずない。

命がなければ、こうしてブログを書くことも、ご飯を食べることも寝ることも、もちろん仕事だってできなかった。

そう思うにつけ、命を助けられた代償は必ず受け止めなければならないものであって、そのことを嘆くより、今できることに感謝していった方がいいと感じる。

今できること、そうまだまだある。

音楽を聴くこと、本を読むこと、友人と語り合うこと、家族との団らんなどなど。

11年前に失われるかもしれなかったこれらの営みが、さい帯血という恵みによってつながれたということ。

この事実を一瞬たりとも忘れることなく、命が尽きるまで感謝の日々を送りたい。

*

寝込んでいられない

さて、きょうもしっかり葛根湯を飲んで、しっかり治して、あすからの仕事に備えようと思う。

風邪で寝込んでいたら、せっかく助けられた命がもったいない。

刻一刻と死は迫る。

貴重な命だ使わなきゃ、ソンソン。

*

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

日本ブログ村のランキングに参加しています。

お手数ですが、「ブログ村」のバナーをクリックしてお帰りいただけると、とてもありがたく励みになります↓↓↓。

応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

免疫グロブリン点滴。2本で8万円也。命の点滴
免疫グロブリン点滴。2本で8万円也。命の点滴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

iPhone水難事故からの救出と蘇生に至るまでの顛末の大略

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

寝冷えで鼻風邪気味

人工透析54回目。

きのう、家で暖房をつけないままうたた寝をしてしまったせいで、きょうは鼻風邪気味。

電車に乗っている間、鼻水が落ちてきてしまい、乗り換え駅でようやく鼻をかむことができたが、気が弱い私はどうしても車内ですることができない。

鼻はマスクで隠されているため、唇ぎりぎりまで押し寄せてきても何とかふんばることができる。

ということで、透析クリニックに着いて、その旨を看護師さんに伝えると、「薬を出しましょうか」と。

よく考えてみると、病気をする以前から、風邪薬なるものを飲んだ覚えが全くといっていいほどないことに気づく。

さんざん大量の薬を飲んできたにもかかわらず、最も一般的な風邪薬を飲んでこなかったということに我ながら不思議を感じたりする。

先生から、漢方の葛根湯を出してもらうことになった。

漢方は初めてかも。

すっきり治ってくれることを期待したい。

*

人生初の携帯水没

さて、この週末はいろいろあった。

その一つが、iPhoneの水没事故。

人生初の携帯水没を経験することになり、どのような結果になったかについて書いておきたい。

私は本来、携帯はネックストラップにつなぎ、胸ポケットに収納する派なので、仮にするりと、胸ポケットから携帯がすべり落ちても、地面ぎりぎりで寸止めされ、破損や水没を免れるということを繰り返してきたし、それを自慢にもしてきた。

ところが最近はこの習慣がやや崩れつつあり、ストラップにつながず、ジャケットやジャンパーのポケットに入れて済ましてしまうことが多くなっていた。

この日も、ジャンパーの右ポケットにiPhoneを入れ、流そうとしたところ、弾みでなぜかiPhoneがポケットから飛び出し、勢いよく流れる水洗水とともに、魔界へと消え入りかかってしまった。

「まずい!」と思うや否や、無意識のうちに右腕が動き、ほとばしる水柱の渦に飲まれんとする、リンゴマークをむんずとつかみにかかる。

ところが、その手には期待すべき感触は伝わってこず、水泡が消え、トイレ内の全貌が明らかになった時は、携帯の影も形もなくなっていた。

*

血の気がみるみる引く

「これは大事になった」

血の気が頭から引くのが実感できた。

「さて、どうする…」

だめ元とはわかっているが、完全に流れきっていないかもしれない。

意を決し、改めてトイレの排水口に手を突っ込んでみた。

ぐい、ぞわぞわと、手探りしてみる。

「あった! あった!」

絶望に希望の光が射した瞬間だった。

*

機械にけなげさを感じ

iPhoneを救出すると、なんと、さきほどかけていた音楽が鳴っているではないか。

この時ほど、機械にけなげさを感じたことはない。

希望の光はさらに強まった。

救出したiPhoneのバンパーをすぐ外し、内部に浸出したであろう水分を吐き出させるため、ひたすら振る、振る、振る。

振ること100回ほど。

さらにドライヤーの熱風をスピーカー部分に当て、5分ほど。

この時点では、タッチパネルは無反応。

ここで以前、ネットで読んだ記事を思い出す。

密封した袋に乾燥剤を入れれば、水没した携帯はよみがえる、という記事を。

さっそく試してみようと妻に乾燥剤を出してもらい、Ziplocに入れてみる。

*

乾燥剤効果で復活

待つこと2時間ほど。

先ほどは全く無反応だったタッチパネルが、部分部分ではあるが、反応し始めてくれる。

よしよし。

さらに1時間放置。

勝手にアプリが立ち上がったり、電話をかけたりと、挙動不審な動きがしばらく続く。

だれかに乗っ取られたような気分。

果たして元に戻ってくれるのか。

結果、どうなったのか。

完全復活してくれた。

信じられないほど、かつてのままの状態に戻ってくれた。

ああ、ありがたい。

ややパネルの変色は免れないが、パネル操作は全く元通り。

*

蘇生のポイントは2つ

よかった、よかった。

防水仕様の7であれば、これごときの水没でも完全復活は想定内だろうが、それをうたっていない6で復活してくれたことに、よろこびひとしおを感じる。

振り返るに、蘇生のポイントは①水没していた時間が30秒程度と短かった②水分をよく抜いたうえでの乾燥剤密封で約3時間--だったのではないかと思う。

以上がiPhone水難事故と救出および蘇生に至るまでの顛末の大略。

*

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

日本ブログ村のランキングに参加しています。

お手数ですが、「ブログ村」のバナーをクリックしてお帰りいただけると、とてもありがたく励みになります↓↓↓。

応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

Ziplocに洋服用の乾燥剤を入れて待つこと3時間。iPhoneは死を免れてくれた
Ziplocに洋服用の乾燥剤を入れて待つこと3時間。iPhoneは死を免れてくれた

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

千駄ヶ谷のそば屋「滝乃家」のそばと隠れ家的雰囲気に惚れ込んで

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

週1のペースで通い続け

透析前のランチは一時期、そば屋ばかりの時があったが、最近はバリエーションも増え、そば屋通いも週1程度で落ち着いてきている。

きょうも最後まで、日本一おいしいミートソースと迷ったが、きょうそば屋に行かないと週1のペースが崩れてしまうので、足を向けた。

このそば屋、名を「滝乃家」という。

新宿御苑の千駄ヶ谷口から徒歩5分程度。

明治通りから20メートルほど中に入ったところにやや密やかに建っているため、隠れ家的雰囲気がある。

一度、ここのそばを口にして以来、ファンになってしまい、通い続けている。

だから、店員さんにも顔を覚えられているようで、それはそれで悪いことではないと思う。

この日は早めに入ったせいか、一番乗りだった。

いつものお気に入りの二人掛け席へ。

この後、4人が立て続けに入店するも、すべて一人客で、カウンター席に。

一人にもかかわらず、二人掛けを占領してしまっている自分がやや後ろめたく感じる。

*

感動のおいしさ

きょうはやや暖かいこともあり、鴨せいろを注文。

ここのところ、カレー丼生卵落としが2回続いたので、久々に冷たいそばが食べたくなった。

珍しくやや時間がかかって出てきた、そばをつゆにつけ一口。

「うまい!」

本当にここのそばはおいしい。

感動、感動。

*

つゆ全部つけに違和感

真冬の冷たいそばとあって、鴨が煮込んでいる温かいつゆが、麺の温度を中和させてくれてありがたいので、寒くなってからせいろを食べたい時は決まって鴨せいろを注文してきたが、きょうは少し違う食べ方をしてみようかと思い立った。

というのは、麺をより温めるため、麺をつゆに100%浸して食べるという方法。

鴨せいろのつゆは、ただのせいろのつゆよりも若干薄く感じられることもあり、麺を浸しても大丈夫なのではと思ったので。

やってみた。

確かに若干薄いせいか、しょっぱい感はあまりない。

でも、何か違うなと感じた。

麺がつゆにしっかりと浸ることで、麺は温められるが、どこというところまでは表現できないものの、満足感がやや低下する。

いわゆるのど越しというやつだろうか。

結局のところ、ほとんど全部つけで食べてしまい、最後の2、3口のみ、通常の3分の1付けに戻してみると、「やっぱりこれだな」と納得。

やはり、麺をつゆにすべて浸さないという方法は、決して格好づけということではなく、おいしく食べるための理にかなったものなのだということを確認できたように思う。

*

常連、一見に差別なし

この店の方針なのか、店員さんは、かなりの常連と思しき客であっても、世間話などをしたりすることはない。

常連客らしいやや濃いあいさつはしても、そこから話題が発展する場面を見た記憶がない。

しかも来る客にはおしなべて、「いつもご来店ありがとうございます」と、仮に一見客であっても、同様のあいさつをする。

常連客ばかりの店は、一見客にはとてもハードルが高いものだが、ここはその意味でだれでも入りやすい雰囲気がある。

私にとっては向いているお店だと思う。

定年までのあと4年間は少なくとも職場近くのクリニックに通い続けるつもりなので、この店にはこれからも長いことお世話になり続けると思う。

若いころからうどん派だった私を一気にそばファンへとぐいと転換させてくれた「滝乃家」は、これからも隠れ家として、存続し続けてほしいものだ。

*

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

日本ブログ村のランキングに参加しています。

お手数ですが、「ブログ村」のバナーをクリックしてお帰りいただけると、とてもありがたく励みになります↓↓↓。

応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

「滝乃家」の鴨せいろ1000円。寒い時期の定番
「滝乃家」の鴨せいろ1000円。寒い時期の定番

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ