イタリアンレストラン・クオーレで思う自分の度胸、勇気のなさ

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

完璧は防寒を施し

先週末、小平市内のイタリアンレストラン、「クオーレ」を久しぶりに訪ねてみた。

駐車場の台数が少ないので、寒い中、夫婦で完璧な防寒をほどこして出かけた。

この店はチェーンではない、単独で開業していると思われ、店員が年配に男性に対して「オーナー」と呼ぶことからも見てとれる。

前菜、パスタ、ピザ、リゾットと品ぞろえは豊富。

しかもどれを食べても納得のおいしさなので、人気は高く、次々と客が押し寄せるように来店する。

私たちは予約をとれたので、待つこともなかったが、予約なしで来た組みなどは、待たせるどころか、「席がありません」と、断ってしまっていた。

中にはあきらめきれず、席が空いたら電話をほしいとお願いしたのか、テーブルが空いた途端に、「空きました。すぐ来られますか?」と電話をかける声が聞こえた。

*

リーズナブルで味よし

驚くことに、1分も経たないうちに、その客と思しき組みが来店。

おそらくだけど、クルマで待っていたと思われる。

なるほど。

ちなみに私たちが食べたメニューは以下の通り。

・ドリンク
赤ワイン 本日のグラスワイン
・前菜
タコと菜の花のマリネ
・ピザ
トマト、アンチョビ、オニオンのピザ(ATG)
・パスタ
シラスとトマト、茸類のアーリオーリオ
・ドルチェ
洋ナシのタルト
杏のタルト

お酒を飲んで、デザートまでつけて二人で5500円ほどだったか。

リーズナブルだと思う。

クオーレのトマト、アンチョビ、オニオンのピザ。窯焼き独特の香ばしさが美味
クオーレのトマト、アンチョビ、オニオンのピザ。窯焼き独特の香ばしさが美味

オーナーの腕の見せどころ

ピザは煉瓦で組み上げられた窯で焼きあげられる。

ここはオーナーの腕の見せどころのようで、気合いを入れて窯に臨む。

かっこいい。

パスタもゆで加減が絶妙で、固すぎず、柔らかすぎず。

時々、アルデンテを意識し過ぎたゆで方をする店があるが、正直あまり好きじゃない。

固さは残しても芯はないというのが自分の理想だ。

*

修行の足りなさを痛感

周囲を見回すと、家族連れがほとんど。

唯一、隣のテーブルは女子会らしき3人組だが、私たちよりよっぽど早く入っているはずで、料理もすっかり食べ終わっても、話は尽きないようだった。

次々と客が来ているにもかかわらず、すごい度胸だなあと感心する。

自分などはすぐに腰を浮かしてしまう方なので。

会計を済ませて、コートを着ていると、女性一人が店外の看板をじっくり眺めた末、入店。

てっきり何人組かと思えば、一人だという。

思いきりファミリーで埋め尽くされ、カウンター席もない店に一人で突入する勇気には感服させられた。

一人飯が大好きな私でも、やはりTPOがあり、こういうシチュエーション躊躇が先に立ち入れない。

まだまだ修行が足りないと痛感ながら店を後にした。

*

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ