白金という土地柄がはぐくむ風格に満ちた建築物群が興味深い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

昭和初期にタイムスリップ

きょうは午後、東大医科研病院へ。

この病院には築100年になろうとする建物があり、現在、改装工事が行われている。

取り壊して、建て替えるという案もあったらしいが、建物自体に歴史的遺産としての価値が高いため、修復して使おうということになったようだ。

改装前に何度か建物内を歩いたことがあったが、現代建築ではまず見られない螺旋状の階段や大理石の床など、豪華なつくりが目を引く。

明治から昭和初期に建造された建築物の多くがそうであるように、風格というべきか品格というべきか、建物に人格が宿ったような雰囲気をまとっているように感じる。

ここに来るたびにタイムスリップしたような感覚にとらわれる。

*

無駄なつくりが醸し出す威厳

一方の現代建築は無味乾燥具合がはなはだしく、面白みのかけらも感じられない、残念ながら。

実用を追求すれば、無駄なスペースを最小限に抑えられる真四角な箱になるのは当然としても、それにしても味気がなさすぎる。

医科研の敷地内にはかつての国立衛生院の廃墟もあり、貴重な建築物の見本市のような感がある。

こちらの建物も現在、改装中で、何に生まれ変わるかはわからないが、ともあれ存続の方向のようでほっとする。

これら威厳に満ちた建物は白金台という土地柄によく合う。

まさにしっくり来るという表現がぴったりだ。

かつて白金台という土地は、庶民中の庶民である私にとっては縁遠い、かけ離れた場所だと思っていた。

実際、11年前までは一歩たりとも足を踏み入れたことのない、自分にとっては秘境に似たゾーンだったと言っていい。

ところが何の運命のめぐり合わせか、病気を境に、半年間住み(入院という形で)、毎月一度、判で押したように通うことになる。

不思議なものだ。

*

ラ・ボエームの心意気

風格に満ちた建築は、白金台にはほかにもあり、その代表格がイタリアンレストラン、ラ・ボエームだろう。

西洋の古びた洋館を思わせる外観、中に入れば巨大なシャンデリアが頭上を飾り、それに伴い、天井が高いため、開放感にあふれる。

とても落ち着く空間だ。

ここのいいところは、私のような一人客でも気軽に入ることができることで、ランチのパスタを食べ終えた後、今そうしているように、パソコンを開いてゆっくりしていても大丈夫という太っ腹な面で、しかも何杯でもコーヒーをお代わりしてくれる。

透析が始まってしまった身としては、2杯、3杯のお代わりというわけにもいかないが、そのゆとり、心意気がうれしい。

いきなり照明が落とされたと思ったら、大音量でハッピーバースデーの曲がかかり、火を灯した蝋燭を立てたケーキを手にしたスタッフが勢いよく2F客席へ。

この店は吹き抜けのため、2F席もよく見渡せる構造になっている。

スタッフは二人連れの女性客のもとに駆け寄り、テーブルの上へ。

当該の女性はうれしそうに立ち上がり、ケーキを作ってくれたと思われるホールスタッフに向かって「ありがとうございま~す」とかなり大き目の声で感謝していた。

私もつられて拍手。

こういうのっていいなぁと思う。

*

本院の東大病院は……

同じ東大系列の本院となる東大病院にも腎臓で何年か通ったが、ここの周りは落ち着くことができる店がどうしても見つからなかった。

東大病院には毎日3000人の外来が押し寄せるらしい。

一方の医科研病院は正確にはわからないが、受診整理番号が100の前半までしか聞いたことがないことを思うと、30分の1ほどの患者しか受け入れていないのかもしれない。

受け入れ患者数だけの問題ではないだろうが、医科研病院にはスタッフも医師もゆとりを感じられる落ち着きがある。

これが東大本院にはなかった。

看護師に何かを聞こうとしても、列ができ、やっと自分の番だと思ったら、それは別のところで聞いてくださいという対応に何度出くわしたことか。

「こりゃだめだ」と正直思ったものだ。

*

病気で傷ついた心身を癒す場所

建物の話から始まり、白金台礼賛、ひいては東大病院批判に陥るという迷走した内容の記事になってしまったが、そんなことをつらつら書き連ねることができる幅をもっているのが、ここ白金台の土地柄なのかなと思ったりもする。

一体、あと何年、この白金台に通い詰めるのかは定かではないが、病気で身も心も傷ついた私をそっと包んでくれるありがたい場所だということに改めて感謝したい。

*

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

日本ブログ村のランキングに参加しています。

お手数ですが、「ブログ村」のバナーをクリックしてお帰りいただけると、とてもありがたく励みになります↓↓↓。

応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

ランチタイム終了間際のためガラガラなのでよりその雰囲気が増しているように見える
ランチタイム終了間際のためガラガラなのでよりその雰囲気が増しているように見える

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

「白金という土地柄がはぐくむ風格に満ちた建築物群が興味深い」への2件のフィードバック

  1. ホッとする行間にコメントしてしまいました。娘のマンションを白金で探していたら自分が興味を持ってしまいました。

    1. こいちゃんさん、コメントをありがとうございます。お嬢さんが白金台にお住まいになるとのこと、うらやましい限りです。通りを一歩入れば本当に静かで、落ち着いて暮らすことができるところが、魅力なんだろうと思います。私も余裕があれば住みたいところなのですが……。最適な物件が見つかることを願っております。

コメントは停止中です。