鉄道員の始まりと終わりを目撃して思う縁の下のありがたさ

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

運転室にひしめく乗務員

先日、駅のホームで珍しい光景に遭遇しました。

入線してきた電車の先頭の運転室に8人ほどの乗務員がひしめくように乗っていたというものでした。

客室の満員ラッシュは日常の光景ですが、運転席のそれは初めてです。

運転席を取り囲むように、そして2列に折り重なるように、制服、制帽に身を包んだ乗務員が、前方一点を見つめています。

たまたま先頭車両の先頭ドアで待っていたので、電車男を装って、運転席に張り付いて、その理由を探ってみました。

大方すぐ予想が付くことですが、運転手になるための研修だったようで、8人のうち2人(うち一人は運転手)は白髪まじりのベテラン風でしたが、残りの6人は横顔が初々しい若さあふれるものでしたから。

それぞれ真剣にメモを取りながら、指を前方に指したり、お互い確認し合うように話したりうなずいたりしていました。

「ああ、いい光景に巡り合ったな」と思ったものです。

*

人気の一方、シビアな職場

乗客の車両はがらがらでしたが、私があまりに興味深そうに、ガラスに張り付いて、写真まで撮っていたので、座席にいた二人の女性も気付いたようで、「何、研修中?」などと話す声が聞こえていました。

世の中に鉄オタを自称する人はことのほか多く、その意味でも、鉄道員を一生の生業としたいと思う若者は少なくないはずです。

私は鉄オタではないですが、娘が鉄子でして、最近は休みとなると、アイドルイベントに出かけるか、乗り鉄の旅に出るかの択一のようです。

それほどに、人の憧れを誘う鉄道ですが、実際にはかなりきつい仕事であることも間違いないでしょう。

酔っ払いに絡まれる、殴られるなどは日常茶飯と聞きますし、人身事故の処理に当たらなければならないこともあるでしょう。

これはどの世界にも共通したことですが、絶対に遅刻できないということも。

遅刻したことで、電車の運行ができなくなると、ニュースにもなったりしますね。

会社に遅刻しても一々、ニュースにならないところからすると、やはりその重圧は半端なものではないはずです。

想像するになかなかシビアで、自らを律することに相当な覚悟がないとできない職業なのだろうと思ったりします。

*

定年を祝うセレモニー

かなり前のことですが、鉄道員に関する、こんな光景にも遭遇したことがありました。

最寄り駅のホームで、5、6人の駅員がぞろぞろと先頭の方へ歩いていきます。

「なんだろう、事故? 事件? じゃないな、みんなの表情が明るいから」と思いながら、彼らの動向を見守っていると、先頭部分で立ち止まり、急に模造紙大の横断幕を広げたのです。

そこに書かれていた文字は、「○○さん、○○年間、大変お疲れ様でした!」。

「ああ、そういうことか」と合点がいったと思う間もなく、滑るように車両がホームに入線してきました。

乗務員用のドアが開くと、ちょっと照れくさそうに、白髪混じりの運転手が降りてきて、笑顔で全員と握手、握手。

送る側は口ぐちに、「お疲れ様でした」「ありがとうございました」と運転手に声をかけ、中には手に顔を埋める人も。

最後は、記念撮影で締められ、定年を祝うセレモニーは終了し、運転手が交代した車両は走りだし、駅員たちは談笑しながら、来た方向に戻っていきました。

ああ、いい光景に遭遇できたなぁと思ったものです。

*

世界に誇る鉄道事業を支え

研修で見かけた若者たちは、仕事を遂行していく中で、さまざまな経験を積み、時折は凹み、時々はその達成感を味わって、そして数十年後、私が見かけたような見送り方をされるのでしょう。

その際、すべてやりきったと充実感を味わってほしいものだと思います。

鉄道が日本に登場して100年以上が経つと思われますが、そんな美しい光景が何度も何度も繰り返される中で、世界に誇れる日本の鉄道事業というものを支えてきたのだと思うにつけ、すごいことだし、ありがたいことだと思わざるをえません。

鉄道が時刻通りに運行するのは当たり前ではあるし、少しでも遅れると、どうしたんだという気にも私もなることはあります。

でも、その定刻を守ろうと、必死の思いのポッポ屋さんたちの陰ながらの努力にも、もっと思いを致すことも大事なことなんじゃないだろうかと思うのです。

まさに日本の縁の下の力持ち的な存在なんだと改めて思った次第です。

*

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

運転室のひしめく乗務員。真剣で初々しい横顔が美しかった
運転室のひしめく乗務員。真剣で初々しい横顔が美しかった

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ