クリニックの更衣事情について。不人気なトイレ前を独占する私

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

墓参に赴く朗らかな顔顔顔

人工透析75回目。

世間は春分の日。

お彼岸の墓参りへと訪れた老若男女の朗らかな顔が駅改札にたくさんありました。

陽気もいいということで、気持ちのいい墓参となることでしょう。

私が住む小平には広大な小平霊園があるので、お彼岸ともなると大勢の人が訪れます。

きょうは臨時改札まで設置して、乗り越し精算に当たっていました。

なかなか普段は見ることができない光景です。

以前は霊園に向かう道に数百メートルにわたる車列で混雑していましたが、ここ数年はすっかり見なくなりました。

高齢化によってクルマの利用者が減っているのか、渋滞に疲れた人が電車に切り替えたのかは不明ですが。

*

祝日の透析という強制外出

そんな幸福そうな顔をした人々の脇を抜け、私は1時間かけて透析クリニックへ。

仕事をしている時は極近のクリニックですが、祝日の透析は逆に通いになります。

仕方ないこととしても、できれば祝日は透析日に外れていてほしいと思うのは正直なところです。

でも考え方によっては、家に引きこもっているだけより、強制的な外出の方がよっぽど体にも気分にもいいに違いありません。

特にきょうのようなポカポカ陽気の日は余計に。

*

着替えにもそれぞれの個性

透析室もやはり、祝日とあって、いつもと違うのんびりムードが漂います。

私が通うクリニックの更衣室はロッカールームと更衣スペース(洋服屋のフィッティングルームのようなもの)の二つに分かれています。

更衣スペースは男性用3個、女性用1個がありますが、すべて埋まってしまうことがあるので、そういう場合はロッカールームのカーテンを引いて着替えることになります。

私は基本更衣スペース利用派ですが、人によってはロッカールーム派もいて、さまざまです。

一度、まだクリニックに来たてで不慣れな方が、女性用の更衣スペースを使ってしまい、小さい騒動が起こったことがありました。

知らなかったので仕方ないことですが、女性用のそれは明らかに女性ロッカーの前に据えられていることもあり、簡単に想像はつきそうなところですが、その方は男女兼用なんだろうと踏んだのでしょう。

その方はよほど懲りたのか、以来、更衣スペースを一切使うことなく、ロッカー前での着替えを遂行するようになっています。

ロッカールームの一番入り口で、他の人の出入りに多少支障になってしまうんですが、おかまいなしというか、ちょっと意地になっているのかななどと憶測させられたりもします。

人の自由なので、他人がとやかく言える義理ではありませんが。

*

衣服までラッシュに巻き込ませたくない

衣文かけスペースは上下2段ありますが、幅があまり広くないため、特に今のような冬場で厚物の上着がかかると、ぱんぱんでかけにくいといったら仕方ありません。

そこで私はクリニックの扉の外、トイレ前にあるハンガーに上着やシャツ、ズボンまで掛けるようにしています。

ここはトイレ前ということと、更衣スペースから数十歩ほど歩かなければならない事情からか、不人気のため、いつもガラガラです。

好きな場所にかけ放題です。

ほぼ独り占め状態です。

何でもそうですが、この閑散感が私は大好きです。

衣服の問題とはいえ、ぎゅうぎゅう詰めのラッシュ状態に4時間以上も置いておくのは気の毒ですし、間違えられるというリスクも生じますから。

*

いつもバナークリックの協力をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へ