MV映りこみ3分45秒という風雪に耐えた保田圭という生き様

日本ブログ村のランキングに参加しています。いつもバナークリックの応援をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

写真集が唯一人国内ロケ

私は保田圭が大好きです。

唐突になんだと思われるかもしれませんが、事実なので仕方ありません。

保田圭がモーニング娘。に2期生として入ったころからのファンです。

いや、これには語弊があるかもかもしれません。

保田圭の存在に導いてくれた娘としては認められない言い草となりましょう。

正確に言うと、あるテレビ番組の保田圭に釘づけになり、以来、さかのぼって保田圭を大好きになったということになります。

娘が買ってきた写真集も家にあります。

他のメンバーが海外ロケだった一方で、保田のみ麻布十番という国内ロケでだったといういわくつきの写真集です。

*

「うたばん」で才能開花

そのテレビ番組とは、今はなき「うたばん」です。

そう、中居正広と石橋貴明がMCを務めていた、文字通りの歌番組とは似つかぬトーク番組です。

ここにおいて、保田はとてつもないブレイク果たしました。

その立役者は私と同年代の石橋貴明でした。

石橋はかねてから保田の魅力を見抜いていたようで、その潜在能力をトークで引き出すことに成功したのです。

今でもそのシーンを思い出すに、胸が熱くなります。

モーニング娘。の最後列に甘んじて、引っ込み思案で常にモジモジと自分を出せずにいた保田圭のビッグバンの瞬間でした。

*

今や最も露出が多く

見事なブレイクを果たした保田は、同番組でいじられ続け、回を追うごとにキャラクターが確立されていきます。

痛快そのものでした。

やがて時は経ち、うたばんは終了、そして保田圭もモーニング娘。を卒業しました。

と、ここで終息するのが普通のアイドルですが、保田圭は違っていました。

卒業後もテレビに露出し続け、正確に統計をとったわけではなく、私の感覚のみでのことですが、モーニング娘。卒業生のすべての中で、今最も出演回数も多く、輝いている元娘とは言えないでしょうか。

私はこの状況がうれしくて仕方がありません。

同時に保田圭をブレイクに導いてくれた石橋貴明にも感謝の気持ちが湧くのです。

*

奥ゆかしさに人生の輝き

某ニュースで見た記事ですが、保田圭が現役の娘だったころ、自分が映っているミュージックビデオの総計を計ったことがあるそうです。

その結果は3分45秒。

全体がどれほどのボリュームなのかは書いてなかったように思いますが、安倍なつみのようにセンターを張っていれば2作もあれば簡単に到達する尺でしょう。

それが何十という作品の合計が4分足らずだったとは…。

彼女は当時、どんな思いでこの作業をしたのだろうと思うと泣けてきます。

それが今や元娘の中でダントツの出演機会を誇るのですから。

3分45秒(象徴としての)の風雪に耐えたからこそ、彼女は大きく成長し、今、満開の花を咲かせているのだと思います。

彼女の奥床しく、決して出しゃばらない、そして仲間を最後まで大切にし、支えた生き方は人生を送れば送るほど、輝き重みを増すのだということを教えてくれているように思えるのです。

ああ、やっぱり私は保田圭が大好きだ。

心の底からそう思うのです。

*

日本ブログ村のランキングに参加しています。いつもバナークリックの応援をいただきありがとうございます(クリックしていただくと、ポイントが付くとともに、日本ブログ村のランキングを見ることができます)。
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へにほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

AKBの新推しメンは近野莉菜(チカリナ)に決定

秋元才加さんの卒業宣言で、AKBの推しメンがとうとういなくなってしまう。

これまで、早野薫さん、高田彩奈さん、秋元才加さんと歴代の推しメンがいたのだが、その後は「これ」と思わせるメンバーは見当たらず、とうとうAKBファンから卒業かと思っていた。

ところが、そんな折、娘から「近野莉菜はとってもいい子だよ。たぶん好きになるタイプだと思うよ」と、推しメンを推薦してくれたのだ。

詳しく話を聞くと、ファンが少ないことを嘆かず、ファンを大切にする、すべてにおいて考え方がポジティブ、自分の可能性をあきらめない等々……、自分が好きなパーソナリティーの持ち主であることがわかってきた。

いい話を聞かせてもらったということで、近野莉菜(チカリナ)推しに決定した次第。

よしよし。

2005年、チームK公演を娘と一緒に約束していて、その直後、病が発覚したため、約束はかなわず、それからかれこれ8年……。

絶対に見たかった早野薫さんをステージで仰ぐことはできなかったが、いつか柱の陰からチカリナのパフォーマンスを見つめることが果たしてできるのだろうか。

あ、それより、握手会に行けばいいのか。

こちらの方が可能性はずっとあるかも。

そうだ、娘と行ってみることにしよう。

近野莉菜オフィシャルブログ「Chikano Rina Official Blog」

AKB48ソート(2007年10月21日)
私が過去に行ったAKB48ソートの結果。
近野莉菜のデビューはこの2か月後だったらしい。

ふだんというものを大切にしたい

きょうは父の日らしい。

父の立場である私はきょうは仕事に出ている。

娘はジャニオタ仲間を自宅に呼んでDVD鑑賞会。

このことに私には何も不満はない。

父の日だから、何かをしてもらう必要もない。

逆に言えば、父の日だけに何かをしてもらっても、うれしくとも何ともないわけだ。

大事なのはふだんであり、日常だ。

日頃の何気ない会話、一言が家族にとってはいかに大切か。

あまりのイベント感のなさに、家族からたまにあきれられることもあるが、分不相応に何かをやろうとしてもぶさいくなものになることは目に見えている。

だから、ふだんというものを大切にしたい。

それが私の信条だ。

追記:
この記事を書いた後、家に戻ると、妻から「父の日のお祝いをしよう」と提案があり、近くのレストランへ。
妻の思いやりに感謝するとともに、ふだんも特別の日も大切にしていこうと改めて思った。