図書館+そば屋巡りが最高の楽しみになるかもしれない

日本ブログ村のランキングに参加しています。いつもバナークリックの応援をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ がんへにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

一段と頻繁な滝乃家通い

人工透析114回目。

きょうもランチは滝乃家の大せいろです。

ここのところ、一段と滝乃家通いが頻繁になりつつあります。

透析のある月水金はほとんどですから、ほぼ依存状態です。

そばには果たして依存性があるのでしょうか。

アレルギーは聞いたことがあるのですが。

舌の感覚だけが頼り

私はそば好きになってまだ半年足らずの超が付く初心者なので、それほど多くのそば屋を経験しているわけでもないので、偉そうなことは何一つ言えないのですが、今まで10軒ほど食べ歩いてきた中では、滝乃家さんがベストオブそばということになっています。

薀蓄を語れない以上、自分の舌がおいしいと感じるか否かのみが、唯一の判断基準となります。

その基準によると、滝乃家を超えるそば屋は今のところ私の前には現れていないのです。

井の中の蛙であることは大いに自覚しているので、これからもっともっとおいしいそばを求めて歩いていこうと思っています。

どこにでもあるゆえ

その一つのモチベーションとして、図書館+そば屋というセット訪問をしようと考えています。

図書館訪問は病気をする前からの趣味ですから、これに図書館のそばのそば屋もセットで訪問すれば、一石二鳥ではないかと。

我ながらなかなかいい考えだと思います。

幸い、日本には必ずと言っていいほどのそば屋屋があり、地域には必ず図書館があります。

それぞれの特徴を感じ、味わいながらの土地訪問は、それなりの面白さをもたらしてくれるに違いありません。

見事な枝ぶりの真柏が

ちなみにきょうの滝乃家さんで発見がありました。

それはそばについてではなく、店内のディスプレイとして飾られている見事な枝ぶりの盆栽について。

コの字カウンターが盆栽を取り囲むように配置されているのですが、この盆栽が真柏であったという発見です。

イブキという種類の樹木ということなのですが、盆栽の中でも人気があるらしく、先日、とある番組で紹介されていたのを思い出したのです。

思わず、「あ、真柏だぁ」と身を乗り出してしまいました。

そば同様、盆栽にも何ら知識のない私ですが、真柏というワードには思わず反応してしまった次第です。

何でもそうですが、知ると知らないでは全く見方が変わってくるのだということを身をもって経験できたように思いました。

滝乃家に来る楽しみがまた一つ増えたような気がします。

*

日本ブログ村のランキングに参加しています。いつもバナークリックの応援をいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ がんへにほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ

真柏と言われる盆栽。人の動きを彷彿としていて見ていて飽きない
真柏と言われる盆栽。人の動きを彷彿としていて見ていて飽きない