英語研さんの鉄則:問題集を捨てて、ニュースに没頭せよ

英語の研さん再開から2か月ほどが経つが、一向に飽きがこず、むしろ日々、面白みが増している状態。

いいことだと思う。

これまで、英語の勉強がフェードアウトする原因は、単調な勉強の繰り返しに、つまらないと思い始めるところからだ。

ところが、今回はまだ2か月ながら、以前とは違う手ごたえを感じている。

その理由を挙げてみよう。

①英語研さんの目的を絞り込んだこと。

以前はTOEICの点数アップを目標としたので、カバーの範囲がリスニング+リーディング+グラマーなどの多岐にわたり、つまらない問題集を繰り返すことに飽きが生じていた。
問題集の問題は、表現がすぐに古くなってしまうこと。ベーシックな表現を学ぶにはいいが、所詮、“生きていない”ので、どうしてもつまらない。飽きが来る。問題集を使うことはやめた。

②研さんの手法をシンプルにしたこと。

メーンはNPRから取り込んだ音声を聞きながら、スクリプトをひたすら追うというもの。記事全体のおおまかな意味がつかめるようになるまで、何度も繰り返し聞く。少なくとも3回は聞く。
これ以外は、ニュースサイトの見出しをざっと眺め、面白そうな記事をざっと読む。

③エバーノートの導入。

実はこれが一番のポイントかもしれない。
NPRの音声ファイルを聞きながら、スクリプトを読むために使っている。
以前はGoogleのドキュメントで試したり、電子辞書のMP3再生機能を利用したりと、さまざまな方法を試みてみたが、使い勝手が今一つよくなく、どれも長続きしなかった。
2012年から使い始めたエバーノートは個人の日記をはじめ、さまざまな情報の蓄積に活用ができることがわかり、ここに来て、英語の研さんにも大いに有効ということが判明したのだ。
以来、イディオム、文例、参考文献の蓄積など、その数が増えるたびに、研さんの進捗を感じることもできる。

そこで最近、面白いと感じたイディオムを一つ。

きょうのNPRの記事の見出しで見つけたものだ。

NBCUniversal Is Cutting Ties With Donald Trump

「Cutting Ties-ネクタイを切る」とはどういう意味か、調べると、「足を洗う」という意味だという。
なるほど、となると、大統領選出馬を表明したDonald Trumpがメキシコに対する侮蔑発言をしたことで、NBCUniversalは今後、Trumpから足を洗う、つまり、関係を断つという意味がとれるというわけだ。

短いフレーズで表現しなければならない見出しはイディオムの宝庫であることがわかってきたので、とにかく、できるだけ多くの見出しに目を通し、意味がつかめないものは調べていこうと思う。

ともあれ、(あくまで私の場合の)英語研さんの教訓と鉄則。

「問題集を捨てて、ニュースに没頭せよ」

という辺りだろうか。

2か月の英語研鑽の中間総括

前回のブログ記事(5月16日)では英語に約5年ぶりにはまっていることを書いたが、何とか今も継続している。

再開は4月22日とあるから、現在、2か月を終えようとしているところだ。

2か月の英語研鑽の中間総括をしてみたい。

■リスニング

①短いニュース記事であれば5割方は意味がとれるようになってきた。

②長めのダイアログは1、2割がせいぜい。早口でまくしたてる部分は全く手が出ず。

■リーディング

①かつては2、3行が限度(意味がとれないゆえ)だったものが、意外とスラスラ(もちろん、わからない単語は飛ばし)とある程度の長文も意味をとりながら読むことができるようになった。

②その要因として、単語の蓄積(ニュースに頻出)が少しずつできたことと、リスニングで培った、シャドーイングのおかげで、自分のペースで読むことができるようになった。

というところだろうか。

当面、現在の勉強方法で3カ月、みっちり取り組み、どこまで自分のなりの成果をもたらすかを試してみたい。

もし、3カ月でそれなりの効果が挙がったら、またこのブログで報告させてもらうことにする。

「やめないこと」が語学習得の唯一の近道

そしてまた、英語の季節が巡ってきた。

英語の勉強は1998年ごろから、いくどとなく手をつけ、いつの間にかやめて、また再開して……を繰り返してきた。

日記を振り返ると、2009年にセイコーの電子辞書を買ったころはかなり気合を入れていたころだと思う。

私が愛聴してきたアメリカのラジオ局であるNPRで音声とテキストが自由に無料でダウンロードできるようになったのもこのころだからだ。

2012年ごろまでは電子辞書に向かっていた記述があるが、その後、3年ほど、ご無沙汰してきた。

そしてまた、英語の季節が巡ってきた。

今回のきっかけはなんだろう。
ICレコーダーの活用だろう。
音楽で使えることがわかり、音楽リストが完成。
そして英語へ。
2015年04月22日(水)の日記にあった。
「永遠の回帰NPR」という記述さえあった。

以来、データを取り込み、200を超える音声とテキストをEvernoteに取り込んだ。

さらにSIIの電子辞書SR-G9001も復活。
PASORAMAでパソコンに接続し、意味や例文をどんどんEvernoteに取り込む。

感動的だ。

きのうはwifi仕様の電子辞書(55000円)を購入も一瞬、考えたりしたが、慌てなくてよかった。
PASORAMAで十分使える。

「やめないこと」が語学習得の唯一の近道――とはかつて通訳の方から聞いた教訓。

楽しみながら勉強していくとしよう。

ちなみに、こんな記述が過去(2009年8月25日)にあった。

人生初の電子辞書を購入

スクリーンショット 2015-05-16 17.30.24