未分類,  社会

TB:みんなどうしてるの?3

身につまされるようなお話[みんなどうしてるの?3]を読み、思うところありましたのでTBさせてください。光景が目に浮かぶようでした。

電車で、道端で、困っている(いそう)な人を見かけたら、どうするか――これってすごく難しい問題だと思う。自分もいつもものすごい葛藤を強いられるし。
基本的には、まるこびっちさんが紹介してくれたエピソードにあるように、①遠巻きにして面白がる②遠巻きにして心配する③見て見ぬふりをする、のいずれかであり、④積極的に声をかけていく、という人はごくまれ、ということになるのではないか。

ちょっと角度は変わってしまうかもしれないけど、以下のようなことを思い出した。

以前見たテレビで、困った人がいる場合、東京と大阪において周囲の人々の反応はどう違うか、という実験をした番組があった。
女性がコンタクトを落とした、という想定。繁華街の歩道で女性が腰をかがめて何かを探しているという状況だ。
東京では、ほとんどの人が、一瞥し、いぶかしがるものの、通り過ぎていってしまう。かなりの時間が経過し、ようやく「どうしました?」と声をかける人が出て、コンタクトを一緒に探すことになる。それでも2、3人だったかな。
一方の大阪。1分もたたないうちにおじさんが「どうしたんや?」と声をかける。女性が事情を説明すると、そのおじさん、おもむろに周囲に声をかけ、「この人がコンタクトをなくしたって言うんや、みんなで探したってんか」と協力を求める。周囲にいた人のかなりの人数が足を止め、一斉にしゃがみだし、コンタクト探しに集中する。記憶では10人をくだらなかったのではないか。

結局のところ、その番組は、関西人の方が関東より人情に厚い、ということを示したいために仕込んだ実験だったと思う。まあ、関西人が人情に厚く、関東人が薄いかどうかは別として、この実験から読み取れることはむしろ、リーダーシップをとった「おじさん」の存在だったと思う。もし、東京にも、同様のリーダーシップをとれるだれかがいれば、あっという間に大阪と同様な“人の輪”ができていたはず。つまりは、多くの人が、何か困っている人があれば助けたいと思う。しかし、その助けるきっかけがつかめないために、遠巻きにして面白がるか、いたたまれないような気持ちで見守るしかできないのだと思う。

なぜ、遠くから見守るのが大勢を占めるのか。僕が思うに、基本的には、“困っていると思われる人”が本当に困っているかどうか、を判断するのに迷うからだと思う。本当に困っているなら、「助けてください」とか、「協力してください」とか言うはず。しかし、そういう働きかけがないのに、ただ状況的に困っているんだろうなというこちらの判断で果たして出て行っていいものなのか――これって他人に対する思いやりを持つ人であればあるほど、考え迷ってしまうことなのではないかと思う。

ほんとに難しい。困っている人を目の前にした時は……。
ということで、オチも何もないTBでごめんなさい。

追記:ちなみに、自分が困った状態に陥り、周囲の人に助けを求めたい場合、「誰か助けて!」と叫んでもだれも助けてくれないという実験結果があるそうです。具体的に「そこの方、助けてください」などと指名をするのがポイントだとか。でも、切羽詰まった時に、果たして指名する余裕が果たしてあるのかどうか……。

日時: 2004年07月05日 09:11 | パーマリンク