人間観察,  矜持

距離道楽パート2

人前で話すことが苦手。人見知りも激しい。

だから、そういう場(スピーチの類)は極力避けるようにしている。

普通なら、そんな生き地獄を味わうような状況には無縁な生き方ができるようになるはずだが、自分の場合、始末が悪いのが、話をすること自体は決して嫌いではないことである。

一対一の対話などは、大好きで、興に乗ってしまった場合などは時間を忘れて、ぺらぺらと何時間でも話してしまったりする(もちろん、相手のキャラクターに負うところ大だが…)。

そこに大きな落とし穴がある。勘違いされるのだ。

それだけ話せるなら、スピーチもいけるだろうと。

「同じ調子でやってくれ」などと軽く言われる。そんなことを安易に言われると、腹が立つというのを通り超して、人間の心理というものを一から勉強し直してください、とまじで言いたくなることがしばしばだ。

そんなことを事もなげに言ってしまう人は、対話、もしくは会話とスピーチが、似て全く非なる性質のものということがわかっていないとしか言いようがない。

相手が一人、または少人数の場合は、会話の流れからそれぞれの心や感情の動きをこちらがある程度、把握しながら話を進めていくことができる。よく言われるキャッチボールである。ストレート、変化球、フォークボールなど、相手が投げてくる球種によって、こちらもそれらに応じた球種で返すことで、「あ、この人分かってる」「ん? ひねり入れてきたな、じゃあ、こっちはこれで」などと、展開できるのだ。だから、相手の思考パターンや関心、経験の度合いなどによって、こちらもそれに見合うチャンネルを用意し、その都度切り替えながら、話を進めていける。これが対話、会話の醍醐味であると思う。

しかし、聴衆に対するスピーチは、この方法が使えない。よく「一人に向かって話せばいい」などと言われるが、あれはウソだ。そんなことはありえない。明らかに目の前にいるのはマスだ。個々人の集まりではなく、括られたマスにほかならない。

思うに、対話(このブログもその変形だと思うのだが)とは、最大公約数をいかに見い出すか、の一つの技術だと思う。独白(パーソナルな日記)なら、何を語ってもいい。一人でも語る対象がいれば、そこには共通の話題、つまり話題の最大公約数を見つけながら、話を進めていくことになるのだと思う。

ということは何を意味するのか。話す相手が1人より2人、2人より3人と多くなればなるほど、その人たちをくくる最大公約数は小さくなっていくのは必然だ。つまり、語れる内容は制限されてくるということだ。

こういう場面はないだろうか。

2、3人で話をしていて、共通な話で盛り上がっている。例えばサッカーでもいい。そこにサッカーを全く知らない人が加わる。皆はそれを知っている。それで、サッカーの話題は急にトーンダウンして、新たに加わった人もできる話に移行しようと話題を見つけにかかる……。

人間関係の濃淡や上下関係などにかかわるので一概には言えないが、これは人間は自然と話題の公約数を求める努力をするとの一つの例になると思う。

この考え方を広げていけば、聴衆が多くなればなるほど、最大公約数は小さくなり、「みんな」に共通した話題となり、「公」の性格を増していく。そんな「公」に開かれた話には、私は基本的に興味がわかない。

だから、私は聴衆の前で話をするのも、聞くのも嫌いだ。時間の無駄だと思っている。

つまりは、キャッチボールを不可能とするマスの集まりの場合は、対話能力より、パフォーマンス能力が問われることになる――のだと思う。

『ブロードキャストニュース』というアメリカ映画がある。
テレビ局を舞台に、2人のライバルの男が描かれているのだが、片方は人前が苦手だが、超優秀な記者出身のディレクター。もう片方は頭の切れはないのだが、見目形美しく、しゃべりも流暢という人物。彼らはニュース番組のアンカーマンを目指して対することになるわけだが……結果は言うまでもあるまい。前者は気負って臨んだキャスターの仕事に大失敗。後者は、見事にそつなく原稿の読み上げに成功し、キャスターの座を射止めてしまう。

少し次元は違うが、要は対話とスピーチは同じ話すという技術ではあっても、全く違う技術を要するものであるということが、意外にもきちんと認識されていない気がしてならない。

長々と書いてきてしまったが、結局何を言いたいか。

大勢の前でもあがらずに流暢に話ができる人が、ほんとにうらやましい。

そういうことです。

日時: 2004年09月01日 15:18 | パーマリンク