がんサバイバー,  未分類,  闘病

11日の退院が確定

fugue (2007年5月 7日 21:27) | 個別ページ
臍帯血移植1年と164日目。
入院26目。

採血、レントゲン、CTと検査。

結果は、オーライだった。
抗生剤の点滴は、今晩で終了。内服薬に切り替えるとのこと。
明日以降、いつでも退院OKのサインが出た。

予定では11日金曜日に退院をさせてもらう予定だ。
4月12日の入院からちょうど1か月。前回の入院から都合2か月。ようやく退院である。

普通の健康体の人なら、今回、私がかかったような肺炎の場合、入院の目安は大体2週間といわれている。最終的に4倍の時間がかかってしまった。
時間は要したが、今はしっかり治し、着実に前進することが最も重要。

あと4日、残された時間、油断することなく、完璧を期して退院に臨みたい。

S先生より、函館旅行のお土産をいただく。
優しい心をもったお医者さんであると改めて実感する。
入れ替わりに来られた師長さんにそのことを話すと、まぁ、なんて思いやりのある先生と驚かれていた。

こうしたスタッフの皆さんの心身両面にわたる最高のケアに恵まれて、ここまでこれたことに感謝したい。だからこそ、もう二度と戻ってこないように、気を引き締めていかなければ。