ブログ、IT関連,  未分類

PC改造レポート

fugue (2008年5月 7日 20:38) | 個別ページ
GW期間中、家に篭って、PC改造にいそしんだ。

写真を解説する形で見ていこう。

下の写真は、改造前のパソコンの中身。ケースこそ1年半前に替えたものの、中身はほとんど6年前のもの。ケーブルがかなりごちゃごちゃした印象。

すべての部品を取り出し、ケースが空っぽになった状態。

新しい主要な基盤となるマザーボードにCPUを取り付け、シリコングリスを塗布。

CPUを冷やすためのファンを取り付ける。予想以上に巨大なものだった。

ハードディスクなど、記憶装置を取り付け、動作検証。うまく動いてくれた。

ウィンドウズをインストール。ゴールは目前。

完成。消費電力は65W。目標の60Wには及ばなかったが、ほぼ達成できたと言っていいだろう。

順調だったように見える上記の作業にもいろいろなトラブルはあった。
ということで 次回はトラブル編。

PC改造レポート その2
fugue (2008年5月15日 22:46) | 個別ページ
次は見舞われたトラブルについてと書いたが、挙げていけばきりがないので、ここはあっさりと総括としたい。

(1)費用
マザーボード 約12000円
CPUクーラー 約7000円
電源 約13000円
メモリ 約4000円
その他(シリコングリスなど小道具)
合計約4万円

前回(2002年)の組み立てにかかった費用は確か7万円だった。
今回はほとんどのパーツを転用できていることもあり、費用を極力抑えることができた。
最近、安いメーカー製パソコンが出回っているとはいえ、それなりの性能を求めるとやはり最低10万円はかかってしまう。
恩の字というところか。

(2)消費電力減少
before 122W →after 63W
消費電力半減の目標はほぼ達成。
さらに、これまで併用していたサブマシン(ファイルサーバー)をやめ、作業用途とサーバー用途を一本化することにしたので、その電力(約50W)も節電できることになった。実際、どのくらいの節約となるかは、また計測し、レポートさせてもらおうと思う。

(3)性能アップ
体感的にぐっとスピードアップした気がする。
実際、DVD-Rの書き込みで試してみたところ、4Gバイトのデータを書き込む時間が、以前は30分かかっていたものが、わずか7分で終わってしまった。
この差は大きい。

(4)静音化
電源、CPUクーラーともに交換したことで、かなりの静音化が実現できた。
音の大きさを測定する機械をもっていないので、感じでしかないが。
以前サーバーとして使っていたacerのマシンとほぼ同等といっていいだろうか。
acer社によると、26デシベルとうたっていたので、おそらく、そのくらいなのであろう。

(5)満足度
大きくアップさせることができたと思う。
サーバーの故障が招いた今回の展開は、転じて福となしたようだ。