未分類,  距離道楽

新宿御苑の東屋には、幸福な後姿があった

桜の季節が過ぎたところを見計らって、新宿御苑にランチに行ってきた。

きょうは近くのモスバーガーで食料を買い込み、大木戸門近くの東屋で昼をとった。

吹き抜ける風はやや冷たいものの、寒すぎるということはなく、心地よいものだった。

この東屋は日本庭園の方を向いていて、美しい庭を愛でながら、食事をしたり、お茶をしたりすることができる。

三々五々、人が訪れては、思い思いに時間を過ごしている。

とても幸福に満ちた光景だ。

4、5列に並んだベンチのうち、やはり人気は庭に最も近い席で、常に満席状態にある。

私も初めはそこに座ってみた。

でも2回目以降は、ずっと後ろの最後列に座るようになった。

後ろからの人の目が気にならないというのが一番の理由であるけれど、人々が談笑したり、ぼうっと庭を眺める後ろ姿をぼうっと眺めるのが好きだからということもある。

そういえば、映画館も、音楽会も、飛行機も、好みは最後列だった。

やはり心が落ち着くのだ。

最後列は。

大木戸門近くの東屋から日本庭園を望む。ここでのランチが至福のひと時
大木戸門近くの東屋から日本庭園を望む。ここでのランチが至福のひと時